近所の仲良し奥さんを筆下ろし3Pに誘う仰天妻 ~ブッ飛び素人モデルFile~

近所の仲良し奥さんを筆下ろし3Pに誘う仰天妻 ~ブッ飛び素人モデルFile~の画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(49歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。

 そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。


【ブッ飛び素人モデルFile 093】

近所の仲良し奥さんを筆下ろし3Pに誘う仰天エロ妻!/奈々美(42歳・主婦)


 ヒマを持て余した主婦たち。「これからウチにお茶しに来ない?」なんて号令の下に集まって井戸端会議が始まると、出てくるのは近所のウワサ話にダンナの愚痴と相場が決まっておりますが…。

 まぁ、普通の奥さんばかりの寄り合いであれば、多少は色っぽい話になったとしても軽い下ネタ程度でしょう。

 しかし、その中に1人でも、あけっぴろげな人妻が混じっていると…。


「ネット通販で大人のオモチャ買っちゃったぁ。これが、めっちゃよくてね…」


 なんて、普通だったら他人には絶対秘密のオナニーネタから、


「最近、新しい彼がデキちゃってさぁ。で、彼のオチ〇チンの形がね…」


 なんて直接的なセックスネタにまで発展しちゃうケースもあるようでして。

 人妻風俗嬢の取材なんかで話を聞くと、よくこの手の話を聞くんですよね。

 ある人妻風俗嬢は、ママ友に、


「ねぇねぇ、ハプバーって行ったことある? え、あるの? すごーい、今度私も連れってってくれない?」


 なんて感じでせがまれたり、


「実は私も、風俗ってどんな感じか興味あるんだよねぇ。ホントに働くかどうかわからないけど、アミさんのお店でお試し体験入店ってできないの?」


 と店の紹介を頼まれたりしたことがあったそう。

 とまぁ、こんな感じで、風俗のお姉さんなんかは井戸端会議がエロ端会議に発展する起爆剤になったりするんですが…。

 エロ本のモデルになってみようかと応募してくる奥さんたちの中にも、周りをエロ事に巻き込んじゃう人が少なくないんです。


「ママ友にモデルのアルバイトの話をしたら”私もやってみたい”って言ってるのよ」


 と、友だちを紹介してくれるってパターンもけっこう多かったですしね。

 そして、僕が聞いた中で一番ぶっ飛んでたのが…近所の仲良し奥さんを誘って、ふたりで一緒に童貞の筆下ろしをしたってパターン!

 かれこれ7、8年ほど前の夏のこと。話を聞かせてくれたのは、高額求人情報誌を見てモデル仕事に応募してきた人妻の奈々美さん。

 抱き心地の良さそうな程よい肉付きのボディが四十路の色気をムンムンと感じさせる、色っぽい熟女でした。

 彼女、結婚11年目でお子さんはいらっしゃらないということでしたが…。


「ダンナと? とっくの昔にレスですよ~」


 聞けば彼女の性欲が強すぎたのか、


「ねぇ、あなた~」


 とオネダリする日々に、いつのころからか辟易したご主人が無視を決め込むようになったんだとか。

 というわけで、セックスレスからくる欲求不満のハケ口を外に求めるようになった奈々美さん。

 そうとう遊び好きらしく、モデルのアルバイトをしてるというより、普段とは違う刺激を楽しんでいる、といった感じが印象的でした。


「一眼レフっていうの? そんな本格的なカメラで撮られるの初めて」

「じゃあ、ベッドに座ってM字開脚して、両手でオマ〇コ広げてみましょうか」

「やだぁ、恥ずかしい…」

「恥ずかしいなんて言って、オマ〇コ濡れ濡れじゃないですか」


 とまぁ、終始こんな感じでエロエロの彼女だったのですが…。

 ちょっと休憩しましょうかとコーヒーを飲みながら一服していたときに聞かせてくれたのが、前述の”近所の仲良し奥さんを誘って、ふたりで一緒に童貞の筆下ろしをした”エピソードだったのです。

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック