那覇国際通りのメンズエステで茶髪の巨乳美女が快感マッサージ【俺のフーゾク放浪記・沖縄編】

昨年4月発売号で長い歴史に幕を閉じた風俗情報誌『俺の旅』の編集長で、読者から「イコマ師匠」の愛称で親しまれた生駒明氏。雑誌はいったん立ち止まったが、日本屈指の風俗通である氏は今もどこかのフーゾク街をぶらりと歩く。師匠の旅はまだまだ終わらない!

 

【俺のフーゾク放浪記 第52弾・沖縄編】

那覇国際通りのメンズエステへ!


 もう6月ですね。雨が多くなる季節です。そんなときは、フーゾクに行って楽しみましょう。今回は、那覇国際通りのメンズエステの魅力をご紹介します。

 

那覇国際通りのメンズエステで茶髪の巨乳美女が快感マッサージ【俺のフーゾク放浪記・沖縄編】の画像1
国際通り

 

 朝7時半に起床し、すぐに着替えを済ませる。荷物をまとめて8時過ぎにホテルをチェックアウトし、国際通りの近くの喫茶『万丸』へ。名物のモーニングMセットを頂き、朝の憩いの一時を過ごす。コーヒーに自家製豆腐、サラダにゆで玉子がついて、なんと380円。驚きの安さだ。おまけにオリジナル豆腐のうまいこと。

 

那覇国際通りのメンズエステで茶髪の巨乳美女が快感マッサージ【俺のフーゾク放浪記・沖縄編】の画像2
『万丸』モーニングMセット

 

 コスパの良さに驚愕した後、ハンバーガーショップ『A&W』へ入り、トーストサンドとルートビア、ポテトのセットを食べる。ルートビアがジョッキで出てきてサイズの大きさに驚く。味はアメリカ生まれらしくワイルドなもので、お腹を膨らますのには最適である。

 

那覇国際通りのメンズエステで茶髪の巨乳美女が快感マッサージ【俺のフーゾク放浪記・沖縄編】の画像3
『A&W』トーストサンドとルートビア、ポテトのセット

 

 食後は歩いて牧志公設市場へ。途中、市場通りでサータアンダギーの紅いもを頂く。1個60円。食べると美味しい。市場でトロピカルな魚や大きなエビやカニを眺めてから、徒歩で壺屋やむちん通りを散策。小雨の降るなか、国際通りへと戻り、「てんぷす那覇」のロビーで一休み。歩き続けて疲れ果てた足をゆっくりと休ませた。

 

那覇国際通りのメンズエステで茶髪の巨乳美女が快感マッサージ【俺のフーゾク放浪記・沖縄編】の画像4
牧志公設市場
那覇国際通りのメンズエステで茶髪の巨乳美女が快感マッサージ【俺のフーゾク放浪記・沖縄編】の画像5
サータアンダギー
那覇国際通りのメンズエステで茶髪の巨乳美女が快感マッサージ【俺のフーゾク放浪記・沖縄編】の画像6
壺屋やむちん通り

men's Pick Up