大垣の城下町ソープでGカップ美女のマット技に悶絶【俺のフーゾク放浪記・岐阜編】

昨年4月発売号で長い歴史に幕を閉じた風俗情報誌『俺の旅』の編集長で、読者から「イコマ師匠」の愛称で親しまれた生駒明氏。雑誌はいったん立ち止まったが、日本屈指の風俗通である氏は今もどこかのフーゾク街をぶらりと歩く。師匠の旅はまだまだ終わらない!

 

【俺のフーゾク放浪記 第48弾・岐阜編】

大垣の城下町ソープへ!


 春は恋の季節です。新しい出会いが欲しくなるものです。手軽に新鮮な出会いを得られるのが旅先でのフーゾクです。今回は、大垣のソープの魅力をご紹介します。

 

大垣の城下町ソープでGカップ美女のマット技に悶絶【俺のフーゾク放浪記・岐阜編】の画像1
大垣駅

 

 名古屋からJRの快速列車に乗って水の都と呼ばれる街・大垣へ。街のシンボルである大垣城を撮影してから、駅前の『金蝶製菓総本店』で名物の水まんじゅうを頂き一休みする。冷たい水まんじゅうがやたらウマイ。ゼリーと餡を一緒に味わえる感じだ。

 

大垣の城下町ソープでGカップ美女のマット技に悶絶【俺のフーゾク放浪記・岐阜編】の画像2
大垣城
大垣の城下町ソープでGカップ美女のマット技に悶絶【俺のフーゾク放浪記・岐阜編】の画像3
『金蝶製菓総本店』水まんじゅう

 

 正午前に、駅前の『さらしな』で名物の飛騨牛肉うどんを食べる。歯ごたえのある飛騨牛肉と手打ちのうどんがマッチして美味しい。

 

大垣の城下町ソープでGカップ美女のマット技に悶絶【俺のフーゾク放浪記・岐阜編】の画像4
『さらしな』飛騨牛肉うどん

 

 しっかりとお腹を満たしてから、大垣城の近くにあるソープへ。店名は『城東荘』。まさに城下町の店である。通常の料金は50分総額2万円だが、13時までは朝割で2000円オフになるのだ。

 

大垣の城下町ソープでGカップ美女のマット技に悶絶【俺のフーゾク放浪記・岐阜編】の画像5
ソープ『城東荘』

 

 受付で白いシャツと黒いスラックスのボーイに入浴料6000円を渡し、4枚のパネルの中から一番若い28歳のMちゃんを指名する。待合のソファーで10分ほど待つと、「お客様、女のコの準備ができました」とご案内の声がかかった。「階段の上に女のコがいます。どうぞ」。カーテンを開けて、階段を上っていく。踊り場で正座して迎えてくれたのは、赤い下着に白いドレス姿の巨乳娘だった。

men's Pick Up

風俗関連トピック