私、童貞クンを軟禁調教してました ~ブッ飛び素人モデルFile~

私、童貞クンを軟禁調教してました ~ブッ飛び素人モデルFile~の画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(49歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。

 そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。


【ブッ飛び素人モデルFile 075】

私、童貞クンを軟禁調教してました/美由紀(40歳・未亡人)


 突然ですが「未亡人が起こした軟禁事件」と聞いたら、読者の皆さんはどんな内容を思い浮かべるでしょうか。

 これは、かれこれ7、8年前。金持ちの道楽的な感じでエロ本モデルに応募してきた未亡人のお話なんですが…。彼女がホテルでのハメ撮り中に漏らしたのが、


「私、童貞クンを軟禁してたことあるんですよ(笑)」


 という衝撃発言だったのです。

 その女性というのは、都内の高級住宅地に住む未亡人、美由紀(40歳)。35歳のときに会社経営者だったご主人を病気で亡くして以来、寂しい独り身の生活を続けているという、美人ですがどこかお下品なオーラを醸し出すエロ熟女でありました。

 聞けば、亡くなったご主人は不動産を含めかなりの遺産を残してくれたらしく、家賃収入や株式投資などの不労所得で生活は安定。エロ本出演の動機は完全な興味本位…というか、持て余しちゃって仕方がない性欲を満たすために「なにか刺激的ことはないかしら」と思った揚げ句のことだったらしいんですね。

 そして、この手のタイプの女性が相手だけに、ハメ撮り撮影は大興奮だったのは言わずもがな。アソコは乾き知らずだし、フェラはうまいし、


(こんな熟女をセフレにできたら、どんなに幸せか!)


 という床上手なタイプの美由紀。

 そんな彼女の口から「童貞軟禁」の話が出たのは、撮影合間の休憩中、未亡人になってからの男事情に話が及んだときでした。少し長くなるやもしれませんが、後半には童貞クンとの生々しいやり取りを再現したいと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 所沢ショーイチ
  2. ドスケベ女の性事情
  3. トコショー
  4. 4コマグラビア
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  7. ヘンリー塚本
  8. 風俗体験談
  9. 世界一周エロ旅
  10. パンチラ連載
  11. セフレとのエッチ

men's最新記事