男の潮吹き体験記#01「絶対に吹ける。本当のテク」

「男の潮噴きはめっちゃ気持ちいい」

 ネットで、そんな情報を見かける機会は増えた。

 ここ10年あまりオナニーテクニックに進化はめざましく、単なる射精以外の快感への探究心は高まっている。

 パートナーがいなくても楽しめるし、気をつかわずに自分のタイミングでオーガズムを得られるオナニーは絶対に楽しい。だから射精を越える快感を得られる潮噴きを味わってみたいという願望を持つ男性が増えるのも当たり前だ。

 でも、ネットで流布されている解説で実際に潮噴きへ至ったという人が少ないのも事実。 そこで、今回改めて確実に潮噴きへと至る方法を解説してみることにした。

 「女性の潮吹きって気持ち良さそう」「普通のオナニーじゃ満足できない」といった方に体験してもらいたい、男の潮吹きのやり方を具体的にまとめてみた。  パートナーがいなくても楽しめるので、限界までペニスを責めたいというM気質

男の潮吹き体験記#01「絶対に吹ける。本当のテク」の画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

 

ネットに散見される「男の潮吹き」のやり方の問題点

 筆者は現在、44歳。以前はアダルト系媒体の仕事を多くこなしてきたこともあり、現在でも性への興味はつきない。中でも、ひとりで楽しめるオナテクの開発は一種のライフワ ークである。

 それでも、潮吹きにたどり着くのは困難で、ようやく成功したのは実に一昨年のことであった。以来、任意のタイミングで潮吹きができるように技術を磨いている。

 そこから見えてきたのは、これまでネットのあちこちで見られた潮吹きの解説は、細かい部分で大ざっぱだったことだ。

 この先に記すポイントを抑えれば、たいていの人は潮吹きに成功すると思うので、ぜひ試して欲しい。

 

1:おもらししても安心な環境の準備

 潮吹きの基本は、男女変わらず無色透明な液体が噴き出すことだ。男性の場合、射精の前に分泌されるいわゆるガマン汁や精液とはケタ違いの大量の液体が噴き出す。快感の度合いによっては、とぷとぷと止めどもなく潮が噴き出し続けることがある。

 ここに至るまでの間、男性は排泄感を覚える。これまでの潮吹きの方法論では、おしっこを漏らしてしまうことがあるため事前にトイレにいっておくことが推奨されていることが多い。

 それでも、潮吹きが近づくと射精とは違う、排泄に近い感覚が強くなってくる。そのため、 そこで萎えてしまい最後までたどり着けずに終わってしまうのだ。

 おしっこはトイレでするものというのは、我々が長い人生で身体に染みついた常識なので、それを「おもらししてもいいんだ」に塗り替えるのは単純なことではない。

 そこで推奨されるのは、おもらしをしてもいい環境を整えること。おもらししてもいい環境として、まず手軽なのはバスルーム。でも、これは決しておすすめできない。どんなに整えてもバスルームは狭い。そして冬は寒く夏は熱い。リラックスしてオナニーするには向かない環境なのだ。

 では、どうすればいいのか。中には部屋の床がフローリングだからと、かまわずするものもいるが、そんな猛者になることは難しい。

 ところが、世の中には手軽に手に入る自分の部屋で安心しておもらしできるアイテムがある。スーパーや薬局などどこでも販売されているペット用のトイレマットである。

 これは、ペットのおしっこを吸収する素材でできたもので、かなり大量の水分を床を濡らしことなく吸い込んでくれる。価格も50枚ほど入って1000〜2000円程度と安価だ。これを床や布団の上に敷いておけば、いざ漏らしても安心。実際にコップに汲んだ水をこぼして吸収する様子を確認しておけば、よりリラックスして潮吹きを目指すことができる。

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック