【エロ体験談・傑作選】レースクイーンと汗だく3P!

 

【エロ体験談・傑作選】レースクイーンと汗だく3P!の画像1
※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 2017年2月に募集をはじめ、今や当メンズサイゾー屈指の人気コーナーに成長した【エロ体験談】。読者の皆様や投稿者様のおかげで、今年の2月で連載スタートから3年が経ちます。この3年間で投稿されたエロ体験談は、なんと1000本を超えました!

 とはいえ、このところちょっぴり投稿数が減少気味。ということで次回の賞金レース開催予定の3月半ばまでは、1000本の中から厳選した【エロ体験談・傑作選】を配信します。昔から読んでくださっている方も、最近エロ体験談を知ったという方も、この3年を彩ってくれた珠玉のエロ体験談をぜひお楽しみください!

 では、本日の傑作選をどうぞ!

 

『レースクイーンと汗だく3P!』
投稿者:イデゾウ(33歳/男性)

 学生だったころ、とある趣味サイトで社会人の男性に知り合った。その人に「どんな女性に興味があるか?」とメールで聞かれたのが始まり。

 その男は40代で、ナオキ(仮名)という名前。車のカスタムショップを経営していると言っていた。

 突然、女性の好みを聞かれた俺は、そのとき付き合っていた彼女と同じように「背が高い人が良いですね」と返事をした。すると、「特にどこが好き?」と聞かれ、なんとなく「脚ですかね」と答えた。

 続けて、「レースクイーンとか好き? もしかして詳しい?」と聞かれた俺は、レースクイーンに詳しくはないが童顔系やぽっちゃり女子よりはスラリとした女性が好きだと返信した。

 その後、「キターー!」とテンションマックスの謎の返答が。

 実はナオキさんは、仕事上、車のイベントによく行くらしく、駆け出しのレースクイーンをナンパしてはセフレになり、3Pを持ちかけていたという。最近、ようやくその趣向に合う女性が見つかったそう。しかもその女性は、脚に興味がある若い男性となら3Pしてもいいという条件を出したみたい。

 それから、あれよあれよという間にナオキさんが話を進め、俺は自分の家で3Pをすることになった。ちなみに、付き合っていた彼女は帰省中で、場所が俺の家になったのは女性の希望だった。

men's Pick Up