【エロ体験談】災い転じて福(セックス)となす

 

※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 2017年2月に募集をはじめ、今や当メンズサイゾー屈指の人気コーナーに成長した【エロ体験談】。読者の皆様や投稿者様のおかげで、今年の2月で連載スタートから3年が経ちます。この3年間で投稿されたエロ体験談は、なんと1000本を超えました!

 しばらくの間、皆様の英気を養うためという形で1000本の中から厳選された【エロ体験談・傑作選】をお届けしました。その効果もあってか、新しい体験談の投稿が増えましたので、再び賞金レースを開催させていただきます!

 なお、今回の賞金レースの対象は、2020年2月17日~2月26日配信のエロ体験談になります。一時の休息を経て、どんなエロ体験が生まれたのでしょうか。それでは、本日の体験談をどうぞ!

 

『災い転じて福(セックス)となす』
投稿者:あしっどじゃず(44歳/男性)

 一昨年、ある地域に出張で行った時の話。

 仕事が早めに終わったので、予約を取ってあったホテルにチェックインした。

 観光地の近くということもあり、それなりに大きいホテルだった。フロントでチェックインを済ませると、ルームサービスのスタッフが部屋まで案内してくれた。

 案内してくれたスタッフは若い女性だった。

 いかにもホテルスタッフというキチっとした服装に、メガネで長い髪の毛をアップにしていて、どことなく地味な印象。スタイルは細身のスレンダー体型だった。

 エレベーターに乗り、宿泊階へ。部屋に案内されると、一通りの使い方を説明してくれた。


「他に不明なことはございませんか?」

「ええ、大丈夫です。ありがとう」

「では、失礼します」


 そう言って、女性スタッフは部屋を出ていった。

 出張の際にはいつも、喉がカラカラになることが多いので、可能な限り加湿器をお願いしている。今回もすでに設置されていた。しかしボタンを押してもスイッチが入らない。コンセントを抜き差ししても改善せず、致し方なくルームサービスに電話した。

 加湿器の電源が入らない旨を伝えると、スタッフがお伺いしますとのこと。しばらく待っていると、先ほど案内してくれた若い女性スタッフが来た。


「うーん、動きませんね。一回水を入れ替えて見ましょう」

「あっ、重いでしょうから手伝いますよ」

「いえいえ、お客様にやっていていただくことではないので、おまかせください。」


 そう言って、女性スタッフが給水タンクを取り外そうとすると…。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 風俗体験談
  2. 唯井まひろ
  3. 所沢ショーイチ
  4. ドスケベ女の性事情
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. トコショー
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. 世界一周エロ旅
  9. 佐藤健
  10. セフレとのエッチ
  11. パンチラ連載

men's最新記事