リア・ディゾン、ショーパン姿で「絶対領域」全開! 変わらぬ美貌とスタイルにファン熱視線






この投稿をInstagramで見る

誰が私のバレンタインになるの?💖

𝕃𝕖𝕒𝕙 ❀ リア・ディゾン(@leahdesu)がシェアした投稿 –

 かつて「グラビア界の黒船」として一世を風靡したタレントのリア・ディゾン(33)が、太ももとヒップラインをあらわにしたショートパンツ姿の自撮りショットを公開。グラビア時代を思い起こさせるセクシーショットに男性ファンから熱い視線が注がれている。

 リアは3日付の自身のInstagramに「誰が私のバレンタインになるの?」という意味深なコメントを添えて、画像加工アプリで猫耳&猫ヒゲを描いた自撮りを投稿した。

 リアは赤のスウェットとショートパンツをまとい、ヒップから太ももにかけて素肌を大胆に露出。ニーハイソックスを履いているため、いわゆる「絶対領域」状態になっている。

 自ら「ビッグピーチ」と表現したこともあるお尻や程よくむっちりとした太ももはグラビア時代とまったく変わっておらず、舌をペロリと出したキュートな表情も30代とは思えない可愛らしさ。以前に比べると表舞台で目にする機会はめっきりと減ってしまったが、グラビア界を席巻した抜群のスタイルは健在のようだ。

 これにネット上では、「めちゃめちゃ色っぽい~」「これは反則!」「かわいすぎるー!」「美しすぎます!」などと絶賛コメントが殺到。英語の称賛コメントも多く寄せられ、国内外で話題を呼んでいるようである。

 リアといえば、アメリカ在住時に自身のウェブサイトに掲載していた「セーラー服&ルーズソックス」のコスプレショットが日本でも話題となり、2006年に「グラビア界の黒船」として日本デビュー。写真集は10万部を超える売り上げを叩き出し、07年には歌手としてNHK『紅白歌合戦』出場を果たした。

 ところが、08年にスタイリストの男性とデキちゃった婚をしたことで運命が急転。結婚報告会見で「ポイしないでください」の名言を残したが、その後は急速に日本の芸能界からフェードアウトしてしまった。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. ドスケベ女の性事情
  2. 風俗体験談
  3. 所沢ショーイチ
  4. トコショー
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. 世界一周エロ旅
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. セフレとのエッチ
  9. 茅原まおみ
  10. パンチラ連載
  11. 初体験の思い出

men's最新記事