「CYBERJAPAN DANCERS」人気メンバー・渡辺加和、Tバックでプリプリの「しりへ〜」大公開!






この投稿をInstagramで見る

いつもなんでそんな笑ってるんですか❓ってメッセージがけっこう届くんやけど、なんか多分昔から笑いぐせが付いてるのと、笑ってないと心配されてしまうようになったのもある。あまりにへらへらしてるようにも見えるらしく、頭悪そうとか、バカっぽいって言われることが多くて悔しい思いしたこともたくさんあったけど😂頭の中ではけっこう考えごとしてるんだよ👊 なんか元気ないの?とか言われると、また笑顔復活して☀️それがかずへの意地になってしまってる! そしてそうやって笑ってれば、必ずいいことが起きる🌈✨ . #かずへー #海へー #しりへー #砂へー #ニコへー

渡辺 加和(かずへ〜)🐷(@watanabekazue)がシェアした投稿 –

 ギャル系ダンサー集団・CYBERJAPAN DANCERSの「かずへ~」こと渡辺加和(わたなべ・かずえ/29)が、「Tバックしりへ~」とプリプリの美尻を公開した。

 渡辺は12日付の自身のInstagramに「なんか元気ないの?とか言われると、また笑顔復活して、それがかずへの意地になってしまってる! そしてそうやって笑ってれば、必ずいいことが起きる!」などと、いつも笑顔でいる理由を述べながら2枚の画像を投稿した。

 公開された画像は、トロピカルな水着を身につけ、可愛らしい笑顔を見せているバックショット。Tバックのため、こんがり日焼けしたお尻が大胆にあらわになっている。透き通るような海とビキニ&サングラス、こんがり焼けた肌に可愛らしいお尻と、まさにギャル好きにはたまらないセクシーショットだ。

 これにネット上のファンからは、「プリップリやん」「笑顔が素敵すぎる!」「かずへ~のしりへ~最高!」「その笑顔にいつも癒されています」などと絶賛コメントが殺到。渡辺のキュートな笑顔と美尻に多くのファンがメロメロになったようだ。

 渡辺が所属する「CYBERJAPAN DANCERS」はハウスミュージックのプロデューサーでDJのMITOMI TOKOTOによって結成。ゴーゴーダンサーやモデル、ポールダンサーなどのメンバーで構成されており、日本全国の主要クラブなどに出演して各地を盛り上げている。

 ギャル系ダンサー集団というインパクトとメンバーの抜群のルックスとスタイルによって瞬く間に人気を集め、2017年リリースの『CYBERJAPAN DANCERS1st PHOTOBOOK』(宝島社)は2万部を超えるセールスを記録。現在ではメンバーが週刊誌のグラビアに登場するなど、グラビアでも活躍中だ。

 その活躍はグラビアだけに止まらず、昨年は渡辺直美(32)出演のボートレースCMに人魚姫役として出演。さらに、昨年の9月1日にスタンディングのライブハウスとしては国内最大規模といわれる豊洲Pitにて、初の単独「BIKINI de LIVE」を開催するなど活躍の場を広げている。

 そんな「CYBERJAPAN DANCERS」の中で、Instagramのフォロワーが66万人を超えるなど、メンバー屈指の人気を誇る渡辺。キュートな笑顔と美尻をウリにする彼女は、今後どんな活躍を見せてくれるのか。今年はかずへ~から目が離せなさそうだ。

 ギャル系ビキニダンサー集団「CYBERJAPAN DANCERS」のカズエ(27)、カレン(22)、カナ(29)の3人が、発売中の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)のグラビアに登場。ギャル好きにはたまらない圧巻の告知ショットも公開され、男性ファンの熱い視線を集めている。

men's Pick Up

芸能関連トピック