メンズサイゾー >  カルチャー >  夫の土下座懇願で主婦が○○に参加!?

夫の土下座懇願で新たな性癖に目覚めた主婦 〜ブッ飛び素人モデルFile〜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(49歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。

 そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。

 

【ブッ飛び素人モデルFile 058】

夫の土下座懇願で主婦が○○に参加!?/葵(35歳・職業)


 人はいつ、新たな性癖に目覚めるか分からないもの。僕の知り合いには、ある日なに気なく見たニューハーフAVにドハマりし、次第に偽造オッパイよりペニクリに興味がいくようになって“男の娘”好きに。最終的には女装してなくてもオッケーじゃんと、ゲイの世界に足を踏み入れた男性もいますからね。

 そして、変態癖に目覚める可能性を秘めているのは女性も同じでありまして…。

 その日、ハメ撮りモデルとしてカメラの前で痴態を晒してくれたのは、35歳の人妻、葵(あおい)さん。ちょっとポッチャリ目の体型ですが顔は童顔の可愛らしいタイプで、セックスには超積極的な奥さんでした。

 彼女いわく、結婚6年目で子どもはいないものの夫婦仲はよく、夫婦のセックスも週に1、2度あるとのこと。それどころか夫婦で過激な遊びもしているらしく、エロ本モデルに応募したのも夫婦のプレイの一環だと言うんです。要は、自分の嫁がエロ本に出演することに興奮する夫と、夫公認をいいことに他人とのセックスを楽しむ奥さん、という構図ですね。

 で、すっかりハメ撮りを満喫した葵さんが撮影終了後、ご自身が変態癖に目覚めるきっかけとなった話を聞かせてくれたのです。


「確かに、お互い夫婦の営みにマンネリを感じて、少しずつエッチの回数も減ってたころではあったんですけどね」


 と前置きして話し始める葵さん。ことの始まりは、夫婦が結婚4年目に突入したある日のことでした。夕食後、神妙な面持ちで「相談があるんだけど」と切り出したダンナさん。何かと思えば…?


「急に、乱交パーティに参加したいって言い出したんですよ」


 これには葵さんも面食らったそう。


「最初は冗談だと思って聞き流していたんです。そしたら『一生のお願い!』って土下座するんですよ(笑)」


 聞けば、ダンナさんはすでにとある乱交パーティを予約していたそうで。しかしセックス好きの葵さんとはいえ乱交はハードルが高すぎる。当然、ムリだと断ったそうなんですが…。


「でも全然諦めなくて。それからは毎日毎晩土下座の繰り返し。結局は根負けして、一度だけって条件でオッケーしたんです」

 


『夫婦交換 妻のファックをのぞく』

色々な性癖がありますね

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週
CAUTION!年齢認証
ここから先は、アダルト作品を取り扱うページとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。
あなたは18歳以上ですか?