メンズサイゾー >  風俗 >  八王子の老舗ソープで憩いのひと時

東京八王子の老舗ソープでベテラン泡姫と憩いのひと時【俺のフーゾク放浪記・東京編】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  

昨年4月発売号で長い歴史に幕を閉じた風俗情報誌『俺の旅』の編集長で、読者から「イコマ師匠」の愛称で親しまれた生駒明氏。雑誌はいったん立ち止まったが、日本屈指の風俗通である氏は今もどこかのフーゾク街をぶらりと歩く。師匠の旅はまだまだ終わらない!

 

【俺のフーゾク放浪記 第30弾・東京編】

八王子の老舗ソープへ!


 明けましておめでとうございます。今年もフーゾクでたくさん楽しみましょう。今回は、東京八王子の老舗ソープの魅力をご紹介します。

 

八王子駅

 

 今日は早朝から中央線のフーゾク取材に出発。朝7時半前に自宅を出て、新宿まで進み、新宿駅から快速列車に乗って八王子へ。八王子は中央線沿線のフーゾク地帯では一番西側にあたる街であり、ソープやヘルス、ピンサロなど、様々な業種の店が集まっている街なのだ。

 

ピンサロ
ヘルス

 

 街の様子を一通り確認してから、北口前の喫茶店『ルノアール』へ。八王子駅前店限定のスイーツメニュー「和風パンケーキ」とアイスコーヒーを朝飯代わりに頂き、エネルギーを補充する。甘くて美味しいケーキを食べて、フーゾク取材に備える。

 

『ルノアール』和風パンケーキ

 

 午前11時前、いよいよフーゾク店へ。向かったのはソープ『プレイボーイ』。駅北口にある老舗である。料金は朝9時~12時まで入浴料3000円+サービス料1万5000円の60分総額1万8000円。タイムスライド制で、時間が遅くなるに連れて少しずつ料金が上がっていく仕組みとなっている。

 

歓楽街
ソープ『プレイボーイ』

『人気ヘルス嬢だらけの抜き差しバッチリ!癒しのパイパン裏ヘルス お店に秘密で本番行為OKの裏風俗店』

風俗で癒しを

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週
CAUTION!年齢認証
ここから先は、アダルト作品を取り扱うページとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。
あなたは18歳以上ですか?