妊娠線が気になって浮気できなかった主婦 ~ブッ飛び素人モデルFile~

※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(49歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。

 そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。


【ブッ飛び素人モデルFile 057】

妊娠線が気になって浮気できなかった主婦/恵美(27歳・主婦)


 世の中、コンプレックスを抱えた男性は多いもの。それが原因で女性に積極的になれなかったりするんですよね。かくいう僕もエロ本に携わる前はそうでした。どうせ俺なんか…と戦う前に戦意喪失。ムダに元気なチ○ポを持て余していたものです。

 しかし、エロ本編集を始めてから気づきました。男性と同じく、世の中には色々なコンプレックスが原因で男に積極的になれない女性がいかに多いかということに!

 その日、モデル募集の広告を見て編集部に電話をかけて来たのは、


〈あの…私、お腹に妊娠線が残っちゃってるんです。それでも大丈夫ですか?〉

 と言う27歳の主婦、恵美。妊娠線。確かにこれは、出産経験のある女性共通の大きな悩みのようですが…。妊婦さんはあれだけお腹が大きくなるんですもの、そりゃ皮膚が肉割れを起こして当然です。ですから、電話を受けた僕は、こう言ってあげたんです。


「妊娠線があるから不採用ということはありませんので、一度、面接させていただけませんか?」


 実際、妊娠線なんてものは、印刷の技術できれいに消えちゃうんです(笑)。妊娠線どころか、当時はマニアックなエロ本ばかり作っていて、脱いでくれるならデブもお婆ちゃんもドンと来い状態。多少のブサイクちゃんも目線を入れればブス度が半減するので、よほど性格に問題がなければ、何かしらの撮影はさせていただいてたんですね。

 というわけで面接にやってきた恵美。話を聞けばデキ婚して8年目、小学生になったばかりの息子さんのお母さんでありました。そんな彼女に撮影の内容をひと通り説明すると、ご主人とのセックスレスに関する愚痴をこぼし始めたんです。

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック