逆プレイ風俗が大盛況! 令和元年の風俗進化論

逆プレイ風俗とは

 客が女のコにマッサージする「逆エステ」(池袋『ヌルテカ』)、女のコが客に痴漢をする「逆痴漢」(池袋『逆痴漢』)、客が女のコに夜這いをされる「逆夜這い」など、通常とは反対のサービスを売りにする逆プレイフーゾクの出現が目立っている。こういった「逆サービスの魅力と楽しさ」を紹介する。

 

※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 今、フーゾク業界で、女のコと客が、通常とは反対の役割をするかたちで楽しむ「逆プレイフーゾク」の出現が目立ってきている。まずは最近話題の店を列挙してしてみよう。

 池袋のホテヘル『ヌルテカ』は、まずは客が女のコにマッサージをし、感じ始めた女のコが客を求め始めるという、日本唯一の「逆エステ」というコンセプトの店。誰もが一度は夢見た悪徳整体院が遂に実現したのだ。オイルマッサージで全身ヌルヌルテカテカし始める女のコの姿に、大興奮すること間違いなしである。オイルプレイは60分1万5000円~。入会金3000円。

 2店目は、同じく池袋のホテヘル『逆痴漢』。店名から分かる通り、嬢が客に会った瞬間に逆痴漢をするという、乱入即プレイ&逆痴漢専門店だ。女のコが自らの欲望のままに男の体で性欲を発散するのだ。

 さらにプレイ中の部屋に、チャイムも鳴らさず第二の逆痴漢女性が乱入してくる。この予期せぬ事態に理性を失った痴女と、さらなる濃厚なプレイを味わえる。即逆痴漢プレイ+乱入逆痴漢プレイは75分1万6000円~。入会金2000円。

 3店目は、同じく池袋のホテヘル『夜這い茶屋 はなれ』。浴衣姿の人妻相手に夜這いプレイを楽しめる店で、仰向け、M字開脚、四つん這いと、嬢の待ちポーズを指定できるほか、コスチュームも選べる。さらには人妻とのひとときをより淫らに楽しむため、アイマスクやペンライトなどの無料アイテムも用意している。期間限定の「しっぽり逆夜這いコース」を選択すれば、欲求不満な奥様に心行くまで襲われる興奮を味わえるのだ。40分1万円~。

 逆プレイフーゾクの魅力は、なんといってもその新鮮さにある。普通のフーゾクサービスに飽きているヘビーなフーゾクユーザーにとって、嬢と攻守が反対になる、というのは新しい発見と快感があるものだ。

 ひとつは「与える楽しさ」で、通常なら客は受け身で嬢から快感を与えられる側なのが、サービスを施す側になることで、嬢に快感を与え、嬢が感じている姿を見ることができる。逆エステがこれに該当する。

 もうひとつが「受け身になる楽しさ」だ。逆痴漢と逆夜這いがこれに当たる。通常なら嬢を征服する喜びを味わう痴漢と夜這いだが、その受け手に回ることによって、女のコに征服される快感を満喫できる。おとなしいM気質の男性にはたまらない快楽だろう。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. ドスケベ女の性事情
  2. 風俗体験談
  3. 所沢ショーイチ
  4. トコショー
  5. 世界一周エロ旅
  6. 元デリヘル店長の回想録
  7. 初体験の思い出
  8. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  9. セフレとのエッチ
  10. 茅原まおみ
  11. パンチラ連載

men's最新記事