メンズサイゾー >  カルチャー >  夫の部下を次々と喰う淫乱妻の正体

夫の部下を次々と喰う淫乱妻の正体 〜ブッ飛び素人モデルFile〜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

※イメージ画像:Getty Imagesより

 

 1998年から2018年7月まで、20年間にわたり編集者としてエロ本に携わってきたという川田拓也氏(48歳)。ハードでエグいマニア誌から始まり、引退までの13年はコンビニ系のアダルト誌を編集。趣味と実益を兼ね「ハメ撮り写真は極力自分で撮る」が信条だったとか。

 そんな氏がエロ本編集者人生を振り返り、今思うのは「風俗嬢よりAV女優より、いろんな意味で本当にエグいのは素人女性!」だということだそうで…。川田氏が、足かけ20年でハメ撮った720人以上の女性の中から、今でも忘れられないブッ飛び素人モデルとのエピソードを蔵出しする。


【ブッ飛び素人モデルFile 052】

夫の部下を次々と喰う淫乱妻の正体は○○○!/千春(43歳・主婦)


 昔は上司から「飲みに行くぞ」と誘われれば、お説教が始まると分かっていても言われるがままについて行ったものですが…。

 最近の若者は良くも悪くもドライなようで、上司と飲んでいる時間を価値と金に換算し「見合わない」からバッサリ、という向きが多いようですね。

 ま、実際にオジサンたちの飲み会は、ほぼほぼ非生産的。オジサンの私が言うんだから間違いありません(笑)。オジサンたちは飲みたいから飲んでいるだけ。そういう意味では、若者とオジサンが盃を交える会社の飲み会は年1度、忘年会くらいはやりませんかって考えるのがイマドキなのかもしれませんね。

 なんて言いながら今回は…。上司と飲むと、もしかしたら美味しい体験が待っているかもしれないという、ちょっと特殊なケースをご紹介したいのであります。

 5年ほど前になりますでしょうか。


「お金に困ってるわけじゃないんですけど、ちょっと興味があって(笑)」


 とエロ本モデルに自ら志願してきたのは、第一印象からして妖艶なアラフォーの人妻、千春。服の上からでもそれと分かる巨乳は本人いわく「Gカップ」で、腰のあたりもムチムチしており、見るからに抱き心地が良さそうでした。

 見た目の印象をタレントに例えるなら、そう…往年のアイドル、石野真子の現在の姿を想像してもらうと、割と近い感じかもしれません。

 とにかく、素材としては文句なしの千春だけに、即撮影させていただくことになり…。


「うふ、オチ○チン舐めるの…じゅる、ちゅぱっ…好きなんです」

「あぁ、クリ、感じる、もっと強く吸って…あはぅン」


 前半戦から魔性振りを惜しげもなく披露する千春。


(あぁ、早くぶち込みてぇ)


 はやる気持ちを抑えながら、カット数を稼ぐべく懸命にシャッターを切るんですが、チ○ポの方は痛いくらいにボッキンキン。

 少し落ち着かねば、と休憩タイムを挟んだときのことでした。


『上司が出張で不在中、上司の妻とめちゃくちゃハメまくった3日間。』

理想の上司の妻

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週
CAUTION!年齢認証
ここから先は、アダルト作品を取り扱うページとなります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。
あなたは18歳以上ですか?