メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  【エロ体験談】平成最後の射精

平成最後の射精と令和一発目【エロ体験談】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 「普通に生活を営んでいる人たち」の生々しい性体験が知りたい!ということで、2017年2月に募集をはじめた【エロ体験談】。おかげさまで投稿は増え続け、当メンズサイゾーでも屈指の人気コーナーに成長しました。

 皆さまのエロ体験談はAV業界からも注目を集め、ついには大手AVメーカーのKMPさんが映像化に名乗りを上げてくれたほど。自分の体験した思い出を映像化したいという方は、ドシドシご応募ください! 詳しくはコチラまで。

 さて、何はともあれ今回も珠玉のエロ体験談をお届けします。


『平成最後の射精と令和一発目
投稿者:猿人(25歳/男性)

 平成最後の日となった4月30日のこと。

 彼女が仕事だった僕は、男友達と焼肉屋へ。そこで、昔よく一緒に通った性感マッサージ店の話になり、僕らは「平成も終わるし」という変なノリで懐かしの店へ行くことに決めた。

 しかし、電話してみると「予約でいっぱい」と言われ、あえなく断念。とりあえず、僕の好きなショーパブに行く。友人はその店で初めて「生ポールダンス」を目にし、とても興奮した。

 テンションの上がった友人が「早くヌキたい」と言うので、近くの中国系エステへ。その店でサクッと射精して、店を出ると令和は間近に迫っていた。中国エステが平成最後の射精となったわけだ。

 その後、友人は終電がなくなる前に帰宅。僕は馴染みのバーで飲み直すことに。そこでキャバ嬢らしき女のコふたりと仲良くなった。

 お酒をおごりまくり、いつの間にか僕もキャバ嬢もベロベロ。女のコのひとりがやたらボディタッチしてくるので、どんどんエロい気分になった。

 すると、キャバ嬢のひとりが電話で外へ。残ったのはスキンシップが激しい方。彼女は僕とふたりきりになると、「チュ♪」といきなりキスをしてきた。

【平成風俗史】ニッポン風俗界を陥れた三度目のターニングポイント

 戦後、ニッポンの風俗は大きなターニングポイントを3回経験している。最初は、昭和33年「売春防止法」によって赤線が廃止になった時だ。それ以降、ニッポンの風俗は“揷入せず射精に至らしめる”を標榜して現在に至っている。

【平成風俗史】ニッポン風俗界を陥れた三度目のターニングポイント


『春咲りょうがご奉仕しちゃう超最新やみつきエステ42 お客様の欲望で凝り固まったアソコを極上リフレッシュ!![DVD]』


エステ最高


amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週