メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  エロ体験談 >  【エロ体験談】私の処女喪失話

【エロ体験談】「んぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」めちゃえろな声が出た私の初体験


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  

※イメージ画像:Getty Imagesより


 テレビで微笑むアイドルよりも、よくいくコンビニの愛想のいいアルバイトのコのほうが、なんだかわからんけどグッときたりするのが男のサガ。そこにエロが絡んでくれば、なおのこと。

 超絶ボディのAV女優には当然興奮するけど、現実世界でそんな上玉と出会うことは難しい。もっと自分の日常とつながってそうな “普通に生活を営んでいる人たち”の生々しい性体験が知りたい!ということで、【読者投稿】による、「隣はナニをする人ぞ」的なエロ話をお届けします。

 

『「んぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」めちゃえろな声が出た私の初体験
投稿者:庵(18歳/女性)

 私の名前は仮に「庵」とします。

 子供のころ、私には好きな人がいました。仮に「智久」とします。

 その人は運動神経がよくて、 マラソン大会で1位だったりバレーボールが得意だったりしました。クラスが一緒で、私は彼と席が隣になったことでだんだん惹かれていきました。

 ある日のこと。私の友達の莉子(仮)が、男子2人女子2人で遊ぼうと言ってきました。メンバーは、男子が莉子の彼氏と智久君で、女子は私と莉子。もちろん、莉子は私が智久君に思いを寄せてることを知っているので、おそらく私のために予定を組んだのだと思います。

 集合場所は智久君の家。当日、私はドキドキしながら彼の家に行きました。


「お邪魔します」

「いらっしゃい」


 私が着いたとき、莉子はまだいませんでした。


「莉子と莉子カレは?」

「あぁ…。連絡いってない? なんか、ふたりでデートするとかで来ないみたいだよ」

「そっかぁ」

「でもふたりでも遊べるからいっか」


 えっ…。

 私は智久君の言葉に少しドキッとしました。

 ふたりきりなんて考えられない…。

 それからしばらくは、ゲームをして遊びました。ただ、その時間があまりにも楽しくて、いつの間にか私は「告白しよう」と決意していました。

 


『童貞好きのスケベなお姉さんにささやき騎乗位で何度も焦らされ中出ししちゃうボク[DVD]』


童貞好きの女子もいる

amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週