メンズサイゾー >  芸能 >  アイドル >  川崎あや、グラビア愛が爆発した発言

「グラビアの仕事だけさせてくれよ」川崎あや、グラビア愛が爆発した大胆発言に激励コメント殺到


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

 驚異のウエスト52センチで「くびれスト」の愛称で知られるグラビアアイドルの川崎あや(28)が、自身のTwitterで「グラビア一本」を堂々と宣言。そのグラビア愛と心意気に多くの男性ファンから応援の声が殺到している。

 川崎は25日付のTwitterに「グラビアの仕事だけさせてくれよ 頼むから」と記し、自身が表紙を飾った「週刊プレイボーイ」(集英社)の大きな写真の前で撮影した水着姿のバックショットを投稿。「グラビア界最強」と称されるくびれと背中のラインが美しく、その華奢なボディに不釣り合いなボリューム感のあるヒップがたまらない一枚だ。

 いつもなら大半の男性ファンがセクシーショットに目を奪われてしまうところだが、今回は「グラビアの仕事だけさせてくれよ」という強い言葉に注目が集まった。

 川崎は続けて「女優もバラエティタレントも目指してないから誌面の仕事がしたいんだ私は。写真が好きなんだよ」と発言。さらに「なんで次のステップは?目標は?って聞いてくるんだろうか? 今いるこの場所で精一杯頑張りたいのに次のステップを目指さないと向上心ないみたいに思われるの悲しい」と胸に秘めていた思いを告白した。

 川崎は今年初めにも「2019年はグラビア一本で活動していきたいです」と宣言しており、その思いの強さをあらためて綴ったともいえそうだ。

 現在活躍中の人気女優や人気タレントに「グラビア出身」は多く、現役グラドルの中にも「将来は女優に」「将来はバラエティで活躍したい」というタイプは少なくない。実際にグラビアをステップアップの手段にするのは効果的で、芸能界の定番コースのひとつとなっているが、それゆえに業界の内外で「グラビアは下積み」という観念が定着してしまっている部分がある。「グラドルは薄給」という印象も手伝って、グラビアでブレイク後に女優やタレントになることが一種の「アガリ」と認識されているのが実情だ。


川崎あや1st写真集『触れてくれますか』


極めろグラビア!

amazon_associate_logo.jpg



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週