>   >   >  超絶美少女・野々浦暖インタビュー

AV

超大型新人AV女優・野々浦暖インタビュー! デビュー前から話題の清楚系美少女は「秒」で初体験!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

ウワサの美少女・野々浦暖ちゃん!

 

 絶対的美少女メーカー「プレステージ」の専属女優として、すでにネット上で「超絶美女」と話題の野々浦暖(ののうら・のん)ちゃん。本日2月8日リリースの『新人 プレステージ専属デビュー』で俄然注目を集める彼女は、正統派美少女然とした清楚な佇まいに華奢なボディ、そして何かを訴えかけるような潤んだ瞳で、誰しもが守ってあげたいと思う愛らしい美女だ! 

 今回、そんな暖ちゃんに初インタビューを敢行。新時代のAV女優として大きな期待が寄せられ、「1億人が恋する美少女」とも称される超大型新人の素顔に迫ってきた!

■プレステージの野々浦暖特設ページはコチラ
■MGS:シロウトTVの野々浦暖出演作はコチラ

 

――実際に会ってみると、とても20歳とは思えないほどの落ち着きがありますね。

野々浦暖(以下、野々浦):よく言われます。ウフフフフ。

――笑い方も色っぽいなぁ。醸し出す色気も凄まじいです!

野々浦:本当ですか? 自分では分からないですけど。

――昔からAVには興味があったんですか?

野々浦:中学生のときから、めっちゃ観てました。昔からエロい目線ではなく、「面白いな~」って感じで観ていますね。どちらかというと最近は企画色の強いAVが好きです。だからなのか、AVに悪いイメージってなかったんですよ。私がAV女優になったのも、知り合いに関係者の方がいたのがきっかけだったんですけど、特に抵抗感もなかったんです。

――とはいえ初めてのAV撮影となる『【初撮り】ネットでAV応募→AV体験撮影 868』(シロウトTV)は緊張したでしょう。

野々浦:はい。寝れなくてオール(徹夜)で現場に行きました。緊張し過ぎて撮影のことも、ほとんど覚えてないんですよ。覚えているのは相手の方が金髪だったことぐらい(笑)。

――シロウトTVのほうはふたりきりのハメ撮り撮影でしたけど、実質的なAVデビュー作となる『新人 プレステージ専属デビュー』はスタッフも多いし、スタジオも明るいからより緊張したんじゃないですか。

野々浦:緊張し過ぎて「無」になったというか…。カメラの存在も忘れて、男優さんしか見えなかったです。

 

色気ムンムンでしたっ!

 

――男優さんの印象は?

野々浦:オチンチンがめっちゃ大きくてびっくりしました(笑)。

――大きいほうが好きですか?

野々浦:す…好きかな。

――無理やり言ってませんか(笑)。

野々浦:ウフフフ。そんなことないです。正直、デカ過ぎて入らないかもって不安になったんですけど、痛くなかったし、安心して委ねられたし、さすがプロだなと思いました。

――大先輩のAV女優であるAIKAさんの撮影現場を至近距離から見学するシーンもありました。

野々浦:他人のオマ●コを間近で見るのって初めてだから戸惑いました。途中でAIKAさんが「あんあん」感じている最中に、突然怖い気持ちになって泣いちゃったんですよ。

――何が怖かったんですか?

野々浦:何だろう…。自分でも謎なんです。

――さぞやAIKAさんも驚いたでしょうね。

野々浦:「何泣いてるんだよぉ」って言ってました(笑)。

――デビュー作から、いきなり3Pにも挑戦しています。

野々浦:2本もオチンチンがあるから、何をしていいのか分からなくて、気付いたら終わっていた感じ。とにかく激しかったですね。デビュー作の撮影は最初から最後までいっぱいいっぱいでした。

――その戸惑っている姿が初々しくてグッときました。

 


『新人 プレステージ専属デビュー 1億人が恋する美少女 野々浦暖』


のんちゃん♪


amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週