【世界一周エロ旅】一発1200円! ジャカルタの貧困街置屋に潜入

 バイクタクシーを降りて周辺を歩いてみた。楽器を弾きながら盛り上がっている若者たちがいる。貧困街と聞いて警戒しながら歩いていたが、特に危ない雰囲気は感じられなかった。

 

楽器を演奏する男たち。

 

 そして、ぼくが迷い込んだ路地がこれ。

置屋の入り口を見つけられずに間違った路地に入ってしまった。


 暗くて人がいない。恐る恐る路地を進んでいくと、右側に階段が出てきた。線路につながっていそうだ。上がってみると…。

線路脇置屋その1。
線路脇置屋その2。


 真っ暗な中でチラチラと光る電飾。姿ははっきり見えないが、ザワザワと聞こえてくる人の声。着いた。これが線路脇置屋だ。

men's Pick Up