メンズサイゾー >  カルチャー >  セックス・オナニー >  松葉崩しってどんな体位?

松葉崩しってどんな体位?女性が好む体位というのは本当?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

松葉崩しってどんな体位?

四十八手の1つ「松葉崩し」は、一言でいえば、男女の脚同士を交差させて挿入する体位。奥まで挿入しやすく、視覚的なエロさから憧れる男性が多いのではないだろうか。

松葉崩しってどんな体位?

ペニスと膣が強く擦れ合い、股同士が密着するのでクリトリスや外性器を刺激しやすいのも特徴的。膣の外と中を同時に責めることが可能なため、正常位よりも格段に強い快感を女性は得ることができるといわれている。

松葉崩しは女性が好む体位の1つとも言われるほど、得られる快感が強烈とされている。本当に女性が好む体位なのかは、のちほど述べるが、これまで中イキした経験のないのに喘ぎ散らしてしまう女性もいるほどハマる人はハマる体位だとも言われている。 

松葉崩しの様子を見て男性は一層興奮できるし、また女性もこれまでにない快感に溺れられる。普段のプレイで積極的に取り入れたいところだ。

ちなみに、松葉崩しには2パターンある。単に女性の片足を抱えるだけの場合は「ソフト松葉」、肩車の様に両肩に担ぐ場合は「ハード松葉」と表現することもある。

より女性が中イキしやすいのは後者だろう。ハードになるほど摩擦が強まり、結合感も一気に高まる。しかし女性の足にかかる負担が重くなるため、嫌がられる可能性もある。女性が痛い思いをしていないかは必ず確認しよう。

松葉崩しは深い結合感を求める男女にピッタリなので、パートナーとのよりよい関係性を築くためにも積極的に取り入れたいプレイと言える。

気持ちいい体位とイキやすい体位は別物!?

「セックスしたい女性と、カノジョにしたい女性は違う」よく聞かれる言葉だ。セックスだけなら、カラダも中身もエロい女性に越したことはない。だがカノジョとなると話は別。性格や価値観を重視するのは当然のことである。そういえば、美味しい料理と健康にいい料理も、実は別物だ。カロリー過多でいかにも健康に悪そうな料理に限って美味しかったりするものだ。健康を考慮した料理は、不味いとまではいかなくても、どこか味気なく感じたりする。

気持ちいい体位とイキやすい体位は別物!?

松葉崩しのやり方

男性がパートナーの片足を持ち上げ、そのまま膣口に挿入する。脚同士がVの字に交差する格好になるため、正常位よりも格段に深い挿入感を得られ、子宮の奥深くまで突くことができる。

脚を持ち上げるので太股や臀部の肉が女性の足や内股に当たらず、摩擦で擦れる・肉同士が当たって気持ち良さが半減するなどの煩わしさがなくなる。

もし足を上げるのを女性が嫌がるようなら曲げてしまって構わない。女性がリラックスできる状態に持っていけるような男性側の配慮は必須だ。

挿入の際はゆっくり入れることを心がけよう。一刻も早く挿入し腰を振りたい男性の気持ちは分かるが、正常位以上に深い挿入感から女性が痛みや抵抗感を抱くことがあるからだ。

深く繋がれる反面、松葉崩しに慣れていない女性にとっては恐怖も少なからず存在する。

男性本位にならず、女性への気づかいも忘れず松葉崩しを行いたい。

基本のやり方は先に示した通りだが、いくつかバリエーションを紹介しよう。

1つ目は「横向き松葉崩し」。文字通り女性を横臥させ、あらゆる角度からピストンする方法だ。

女性が横向きになればよいので男性側に体位の変更はなく、女性の姿勢がより安定するのでイカせやすくなるのがメリット。

また、男性側が上体を前傾させたり反らせたりすることで緩急もつけられる。Gスポットやポルチオ、クリトリスなどあらゆる部位を同時に責め上げ、パートナーを絶頂させるには最適だ。

また、女性が足を大きく開けば開くほど、男性は腰を動かしやすくなるし、膣奥への刺激もそれに応じて増していく。

深く繋がり、かつ強烈な快感を求めるならば、足の開き方も意識したいところだ。

2つ目は「変形松葉崩し」。足を持ち上げるかわりにクロスさせ、そのまま突く方法である。

通常の松葉崩しよりこちらの方が女性の姿勢が安定するのがメリット。

足をクロスさせているために膣圧が上がるため、短小ペニスでも強い快感を得られるのが特徴だ。

慣れてくれば連続で中イキさせることもできるのが松葉崩し。この体位に移る前に前戯や正常位・バックなどで十分に膣中の感度を高めておくと、より一層肉体的・精神的満足感が高まるものと言える。

巨根男性は謙虚で短小男性は横柄!? サイズと態度のデカさの関係性を考える

 男性が、女性のバストサイズを気にするように、女性もまた、男性のペニスサイズを気にするものだ。難しいのは、ペニスサイズは服を着た状態だと全く予測がつかないということ。バストサイズは、服を着た状態でもなんとなく想像がつく。パッドに騙されることはあっても、せいぜいAカップをCカップに盛っている程度で、「Fカップを期待していたのに、脱がせたらAカップだった」というケースは滅多にないはずだ。しかしペニスサイズは、ズボンの股間部分を凝視したところで何とも予測しがたい。

巨根男性は謙虚で短小男性は横柄!? サイズと態度のデカさの関係性を考える

Gスポットとポルチオ性感帯

女性の性感帯の中でもGスポットおよびポルチオ性感帯は、開発次第で女性を感じさせられる部位である。

一応説明すると、Gスポットとは膣の前部分にある性感帯、ポルチオは子宮口にある性感帯をそれぞれ指す。

とりわけ、ポルチオ性感帯で得られるオーガズムは通常のそれより何倍も気持ち良いとも言われる。

しかし、最初からGスポットとポルチオ性感帯で感じられる女性は実は多くない。開発により、その2つの性感帯で感じられるようになる女性も多いので、松葉崩しで責めたい場合は、必ず目の前の女性の反応を見ながら、コミュニケーションを取りながら責めよう。

松葉崩しでGスポットを責める際は、膣の手前かつ腹側を内から外に向かって掻きだすように突くと良い。ペニスの角度をやや急にすると責めやすくなる。

次にポルチオ。こちらはしっかり結合した状態で押しながら突きさすように責めるのがコツ。

奥の奥まで突きさしてグリグリするイメージを想像すれば分かりやすい。ただ、注意点として、激しく刺激するのはNG。十分に開発されている場合を除き、ポルチオはコリコリと硬いのが一般的だからだ。ちょっとの刺激でも女性によっては痛みを感じるため、力任せに突いてはならない。

Gスポットやポルチオへの責めと松葉崩しは相性が良い。深い結合が味わえて更には女性を開発しやすい体位だからだ。

初めのうちは角度が分からなかったりと戸惑うかもしれないが、女性の反応を確認しながら、ぜひ松葉崩しをマスターして性感帯をグイグイ責め上げたいものだ。

松葉崩しを女性が好む理由

松葉崩しは女性が好きな体位と言われているが、それは誤りで、実のところは人による。奥深く挿入することが可能な松葉崩しだが、深い挿入は痛いだけという女性も少なくない。また、身体が硬い女性にとっては、脚を上げる松葉崩しの体勢自体が辛いということもある。

男が好きな「興奮する体位」、実は女性にとっては…痛い体位・イタいセックス

 みなさんは、女の子と合体するとき、どんな体位がお好きですか? やっぱり正常位? おしりが丸見えのバック? それとも、もっとアクロバティックな体位でしょうか。  男性が好きな「興奮するポーズ」というのは、得てして女性にとっては気持ち良くもないし、あちこち痛くてしんどいものです。アタマから夢も希望もないことを言ってしまいましたが、今回は男の望むポーズと女の望むポーズ、そのちょうどイイ落としどころを探っていきたいと思います。

男が好きな「興奮する体位」、実は女性にとっては…痛い体位・イタいセックス

現実の女性はAVとは違う。同じ体位でも痛い人もいれば、気持ちいい人もいる。 松葉崩しは正常位の時よりはるかに奥深く挿入されるため、膣中をグリグリ掻きまわしやすくなり、深い結合感が得られるだけでなく、股間同士が擦れて快感が性器全体に広がるから好きだ、という女性もいる。

松葉崩しで女性が気持ちよくなれるかどうかは男性側の配慮にかかっていると言って良いだろう。

また、松葉崩しは男性の射精コントロールがしやすいという点では女性に配慮しやすく、女性に好まれるかもしれない。

早漏気味の男性は、激しく腰を動かすとすぐに射精に至ってしまう。

女性がイク前に絶頂してしまってはムードにも関わるため、男性としては悩ましい。正常位のように男性が腰を動かしやすくない分、快感も一気には得られることはない。

男性側の持久力アップにより、女性側の反応を見ながら絶頂をコントロールすることができ、女性側の満足度が高くなることが期待できる。

足が性感帯の女性にも松葉崩しは好まれる。というのも、松葉崩しは膣と同時に足を責めることのできる体位だからだ。いわゆる足フェチな男性ならば、挿入の一方でパートナーの足を舐めたり、足の匂いを嗅いだりして別の刺激を与えられる。

男性自身も己の性的嗜好を満たせるし、女性の方も同時に異なる刺激を得られて一石二鳥。

松葉崩しはマンネリ化したセックスを解消するものとしても有効だ。毎回同じプレイでは互いの満足度は低く、持続時間も短くなりやすい。

新たな快感が加わればおのずと盛りあがり、心身ともに蕩ける様な時間を過ごせるものだ。 日々のセックスにおいて不満がある女性から、パートナーに「提案」してみるのも良いだろう。

移行しやすい体位

セックス中の体位変更が煩わしく感じられてしまってはムードが台無しだ。正常位から松葉崩しへの移行は容易だが、その次にとるべき体位はバックがいいだろう。

持ち上げた足を男性が下ろし、横向きの女性の身体をうつぶせの状態に抱えて膝を立たせれば、バックへの移行は完了。挿入したまま変更でき、そのままガンガン突ける。

寝バックへの移行もしやすい。むしろこちらの方が松葉崩しからだと替えやすいかも知れない。

上げた足を下ろしてそのまま両足を閉じてもらうだけで済む。イク時に足が伸びる「足ピン」派の女性が相手なら、膣がきつく締まって男性は強い快感を得られるメリットもある。

「燕返し」と言うものもある。こちらも四十八手の1つで、松葉崩し同様に深い挿入感が得られる体位だ。

挿入したまま横臥からうつぶせになってもらい、片足を持ち上げる。そのまま女性の足を支えながらバックから突く。

この流れでOK。膣奥深くに挿入できるほか、女性の足を上げることにより結合部が丸見え状態に。視覚的にもかなりエロいので興奮は一層増すだろう。

ただ、燕返しはペニスや腰に負担がかかりやすいので要注意。松葉崩しから燕返しへの移行の際にペニスを痛めてしまうおそれもある。ゆっくり体位を替えることを推奨したい。

別体位への移行はプレイのバリエーションに富み、よりハッスルできる。無理は禁物だが、松葉崩し以外の楽しみ方もぜひ知ってほしいところだ。

イキそうになった瞬間、長持ちさせるために思い浮かべるものとは?

 世の女性たちは、「早漏」よりも「遅漏」を敬遠する。一般女性たちが、セックスに対する見解をオープンに語るようになった現代日本では、今や常識として浸透している考え方だ。にもかかわらず、ほとんどの男性は「遅漏」よりも「早漏」を恥ずかしいもの、と従来の考え方をなかなか捨てられずにいる。まぁ当然だろう。「三こすり半」という言葉にも表れているように、何十年という長きにわたって「早漏=恥ずかしい」という固定概念を刷り込まれてきたのだから、急に「遅漏のほうが女性ウケは悪い」と言われても、素直には受け止められないのだ。

イキそうになった瞬間、長持ちさせるために思い浮かべるものとは?

女性へ配慮しつつ松葉崩しを楽しもう

松葉崩しは、相手女性への配慮さえ欠かさなければ決して難しい体位ではない。セックス時の嗜みの1つとしてマスターしておいて損は無いはずだ。

オススメな点を挙げるならやはり、「愛するパートナーと深く繋がれる」に集約される。ある程度膣中の開発が進んだ女性が相手なら、男性の配慮とテクニック次第でさらに開発することも可能である。

日本古来より受け継がれる体位の1つ「松葉崩し」。パートナーとの秘めごとを一層盛り上がらせるべく、ぜひ習得したい。

※記事の利用はユーザー個人の責任と判断によるものであり、本記事の利用の結果、ユーザーに発生する不都合、不利益または損害などについて、メンズサイゾーは一切の責任を負わないものとします。また、ユーザーが本記事の利用によって、他の第三者に対して損害を与えた場合、その一切の責任を負わないものとします。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週