>   >   >  濱口優のエロ企画が神すぎる!

よゐこ濱口、渾身のエロ企画が「神すぎる」と話題に! ネットバラエティでやりたい放題!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  ,  ,  






View this post on Instagram

#極楽カケル #カケルTV #極楽とんぼkakerutv #まさるギャルズ #またやろうね

濱口優さん(@hamaguchi_masaru)がシェアした投稿 –

 29日配信のネットバラエティ『極楽とんぼKAKERUTV』(AbemaTV)が、「神回だった」と話題になっている。

 この番組は、加藤浩次(49)と山本圭壱(50)のコンビ復活後初となる極楽とんぼの冠レギュラー。「KAKERU(かける)」をキーワードに芸人たちがさまざまな企画に挑戦する生放送バラエティだ。

 29日の回では「芸人の企画力にカケル」ということで、よゐこの濱口優(46)が自ら考えた渾身の企画を持参してスタジオに登場。濱口は「17のエロ競技」を考えたそうで、実際にそれを行うことになった。

 さっそく濱口は、『こぼすなプリン』という企画を提案。これは、女性の身体に置かれたプリンをこぼさずに口だけで食べる競技だ。

 しかし、女子の身体の上にあるプリンを食べるだけでは「あまりにもゲーム性がない」とスタッフからNGが出てしまい、残念ながら却下。濱口は「絶対、ちゃんと食べる!」と粘ったが、ただプリンを食べるなら「誰でもできる」と一蹴されてしまった。

 次に濱口は、『氷を溶かそう』というタイトルだけではよくわからない企画を持ち出す。これは、氷の向こう側にいるセクシー美女を見るためにその氷を舌で溶かす競技だ。かなりおバカなゲームと言えそうだが、これについてはスタッフからOKが出て、さっそく濱口らは氷を溶かすことになった。

 美女として登場したのは、水原乃亜や富田優衣といったセクシー女優たち。彼女たちがキワどいビキニ姿になり、氷の向こう側で悩殺ポーズを決めまくる。そのセクシー美女を見ようと、濱口、加藤、山本の3人は順番に氷を舐めまくった。しかし、氷の壁は分厚く、なかなか美女の姿は見えない。結局、冷たさに耐えきれず3人ともギブアップしてしまった。


『とぶくすりベスト[DVD]』


懐かしい


amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • google plus
  • feedly
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週