メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  エロ体験談 >  【エロ体験談】シンママと寝起きH  > 2ページ目

【エロ体験談】バツイチ子持ちのシンママと寝起きファック


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  

「大丈夫? 電車まだある?」


 彼女にそう聞かれたのは日付が変わるころだった。

 俺は「実はもう終電ないんだよね。泊めてくれない?」と答えた。

 酔っぱらっているN子は、


「も~しょうがないなぁ~」


 と俺の腕を組んで歩き出す。それから電車に乗り、N子の家の最寄り駅で降りる。すぐにコンビニで酒を買い、彼女の家へ向かった。

 途中、信号待ちをしているとき、不意にN子が、


「アンタ、いい人?」


 と聞いてきた。

 このとき、俺がなんて答えたのかは覚えていない。だが、あまりにも唐突な質問に戸惑ったことは記憶にある。ともかく、無事にN子の部屋に上がり込んだ。

 娘は実家に預けたらしい。飲みに行くからなのか、男を連れ込むためなのかはわからないが、とりあえずふたりきりになった。

 スーツを脱いで、ワイシャツだけの楽な恰好にさせてもらう。N子も膝下まであるロング丈の部屋着に着替えた。

 テレビを見ながら酒を飲み、他愛のない会話をする。酒がまわっているのか、N子がテレビを見る俺の視線を遮るように立ち、俺の顔を覗き込んでくる。そのとき俺はキスをした。狙ったわけでもなく反射的だった。

 N子はその場にパタンと座り込み、俯いて黙り込む。「そろそろ寝る?」 と聞くと、彼女は黙ってうなずき、布団を敷いた。


『テレクラキャノンボール2013 賞品は神谷まゆと新山かえで[DVD]』


テレクラといえば


amazon_associate_logo.jpg


今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー着エロギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週