【エロ体験談】子どもの保育士さんと合体→あまりの気持ち良さに即射

※イメージ画像:Getty Imagesより


 テレビで微笑むアイドルよりも、よくいくコンビニの愛想のいいアルバイトのコのほうが、なんだかわからんけどグッときたりするのが男のサガ。そこにエロが絡んでくれば、なおのこと。

 超絶ボディのAV女優には当然興奮するけど、現実世界でそんな上玉と出会うことは難しい。もっと自分の日常とつながってそうな “普通に生活を営んでいる人たち”の生々しい性体験が知りたい!ということで、【読者投稿】による、「隣はナニをする人ぞ」的なエロ話をお届けします。


『子どもの保育士さんと合体→あまりの気持ち良さに即射』
投稿者:Wの話(34歳/男性)

 妻が働いているため、2歳の子どもを保育園に預けている。

 毎朝、保育園に送るのは俺の役目。そこで、いつも明るい笑顔の可愛い女性保育士さんと挨拶をする。いつしか、彼女と会うことが楽しみになり…。

 保育士と保護者の親睦会みたいなのがあったとき、俺は毎朝会う女性保育士のAさんと距離を縮めることができた。

 やましい気持ちなどなかった、と言えばウソになる。子どもが生まれてから妻とは一度もカラダを重ねておらず、とにかく誰かと寝たかった。

 Aさんも俺に好意を持ってくれているようで、親睦会ではずっと隣にいてくれた。この会ではお酒も多少出たので、彼女も少し酔っていたと思う。ちなみに、妻は親睦会に参加していない。

 その親睦会の帰り、「何かあったらいつでも相談してください」とAさんに連絡先を渡された。このとき、俺は強い手ごたえを感じた。

 後日、妻と子どもが出かけているとき、Aさんに連絡をとってみる。いきなり電話というのもアグレッシブすぎるが、「チャンスは今しかない」と誘う気になっていたのだ。

 Aさんには「今から会いたい」と素直に告げる。彼女はすんなりOKしてくれた。

 「保育士はエロい女が多い」とまことしやかに囁かれる都市伝説。果たして、その噂は本当なのだろうか?  母性本能が強いことが転じて「セックスの時になんでも言うことを聞いてくれる」という流れのようだが、もちろん根拠なんてまったくない。


men's Pick Up