【エロ体験談】潮を吹きまくる彼女と汗だくでヤリまくった夏

※イメージ画像:Getty Imagesより


 テレビで微笑むアイドルよりも、よくいくコンビニの愛想のいいアルバイトのコのほうが、なんだかわからんけどグッときたりするのが男のサガ。そこにエロが絡んでくれば、なおのこと。

 超絶ボディのAV女優には当然興奮するけど、現実世界でそんな上玉と出会うことは難しい。もっと自分の日常とつながってそうな “普通に生活を営んでいる人たち”の生々しい性体験が知りたい!ということで、【読者投稿】による、「隣はナニをする人ぞ」的なエロ話をお届けします。


『潮を吹きまくる彼女と汗だくでヤリまくった夏
投稿者:あじもんめ(45歳/男性)

 学生時代の夏休みのこと。

 夏前に彼女ができた俺は、その夏とにかくヤリまくった。

 大学進学で上京した俺は、都内のアパートでひとり暮らしをしていた。東京生まれの彼女は実家暮らしで、ひとり暮らしをしている俺のことを羨ましがった。

 そのため、彼女はいつも俺のアパートにくるように。夜になって、「帰らなくていいの?」と聞いても、「もう二十歳だから大丈夫」と泊まることも多かった。

 最初のうちは借りてきた猫のような感じで、俺の部屋でも気を張っていた彼女。しかし、次第に慣れてきたのかリラックスし、しまいには下着姿でウロウロするようになった。

 中学高校と陸上をやっていたという彼女はスタイル抜群で、脚はびっくりするほど長かった。高跳び選手のような美脚といえば、わかりやすいだろうか。まあ、彼女は短距離専門だったみたいだが。

 昔から脚フェチの俺は、彼女の生足を見るたびに興奮し、太ももやふくらはぎをスリスリした。それを彼女はイヤがったが、その険しい表情にもグッときた。俺は、「いいじゃん。いいじゃん」と脚を揉みながらキスを迫り、そのままエッチをするのが好きだった。

 エッチが本格的にはじまると彼女もスイッチが入り、俺の体を愛撫してくれる。俺も負けじと応戦し、クンニと手マンの合わせ技で潮を吹かせる。彼女は潮を吹くのが好きで、人んちだと思ってビシャビシャと吹きまくった。

 スタイル維持のためにトレーニングで鍛えている女性の体というのは、実にエロい。  細い腰回りに引き締まった尻、女性特有の美しいボディラインは、ことさらピタッとした服を着なくても、男の目には魅力的に映るだろう。

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. 風俗体験談
  2. 唯井まひろ
  3. ドスケベ女の性事情
  4. 所沢ショーイチ
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. トコショー
  7. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート
  8. 世界一周エロ旅
  9. 佐藤健
  10. パンチラ連載
  11. セフレとのエッチ

men's最新記事