【元デリヘル店長の回想録】別段可愛くもないけど、やたらと本指名を取れるキャストの特徴と仕事に対しての考え方


【彼女には顧客とキャストという概念がない】
 事務所近くの個室居酒屋に優香を呼び出し、酒を交えて食事をする。

 
「店長とお食事なんて初めてですねぇ~」

 
 気の抜けた話し方で会話を続ける彼女に、私は気になっていることを聞いた。

 
「なんであんなに本指名取れてるの? プレイの内容頑張ってるとか? 連絡先交換しまくってるとか?」

 
 まくし立てる様になってしまったが、この際聞いておきたいことはすべて聞いておこうと考え、私は続ける。

 
「当日欠勤とかでお客さんに怒られたりしてないの? まぁお店にクレームは来てないけど…」

 
 う~ん、と少し唇を噛み、困った顔をした後に彼女は口を開く。

 
「私、えっちなことが好きなんです~(照)」 
 
「…は? あっ、そういう設定で売ってるってこと?」 
 
「違いますよ! ほんと~に好きなんです(笑)!」

 
 何を言ってるんだコイツは、と思った。

 
「人によってセックスの仕方って違うじゃないですか~。だから、いろんな人とそういうことができるこのお仕事って、楽しいんですよね~」

 
 風俗を楽しいと考えているキャストなんて聞いたことがない…。開いた口が塞がらない私を無視して彼女は続ける。

 
「だから、お客様っていうよりセフレ?的な感じで接してたら、皆いっぱい指名してくれるんですよぉ~」 
 
「えーと、本番に応えまくってるってこと?」 
 
「うーん…本番したいって人には応えますけど、ほとんどしてないですよ! …あ、そもそもえっちしたら駄目なんでしたっけ(笑)。ごめんなさい」

 正直なところ、本番どうこうというのはどうでも良いことだ。

men's Pick Up

風俗関連トピック