メンズサイゾー >  人気記事まとめ >  エロ体験談 >  【エロ体験談】謎の美女と3P  > 2ページ目

【エロ体験談】3Pの相手は彼女と謎の美女


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【記事のキーワード】  ,  


 当日、彼女は友達の久美ちゃんを連れてきた。久美ちゃんは、俺の彼女と同い年の26歳だが、かなり大人っぽく、めちゃくちゃキレイな黒髪からはフェロモンが漂っている感じ。スーッと通った鼻筋と大きな目が印象的で、なかなかの美女だ。

 さっそく俺が見つけた3P可能のラブホへ。そこは「男2女1」はNGだが、「男1女2」の3PならOKというホテルだった。

 部屋に入り、まずは順番にシャワーを浴びる。最初に入った俺はタオルを腰に巻いた状態で待機。しばらくして、彼女、久美ちゃんの順で風呂から出てくる。バスローブ姿の女性がふたり続けて現れ、俺は「いよいよ初3Pか」と異様なほど興奮した。

 しかし、どう始めればいいのかわからない。何となくベッドに入ったが、彼女と久美ちゃんのどっちに触れたらいいのか悩んだ。すると久美ちゃんが、いきなり彼女にキスをする。それから滑らかな手つきで彼女のことを攻めはじめた。

 彼女は戸惑うような目で俺を見つめる。だが、久美ちゃんの手つきが絶妙なのか、徐々に感じだし、やがて喘ぎ声をもらした。

 そこで俺も久美ちゃんと一緒になって彼女を攻めることに。久美ちゃんが彼女の耳や首筋を舌で舐めていたので、俺はアソコをイジることにした。

 このダブル攻撃に彼女はあっさりと昇天してしまう。それから仕返しとばかりに俺は彼女に攻められる。久美ちゃんも加勢し、俺は上半身を彼女に、下半身を久美ちゃんに舐められまくるという夢のような体験をした。



今、あなたにオススメ

  • twitter
  • facebook
  • RSS

メンズサイゾー グラビアギャラリー

人気記事ランキング

今日
今週