【SM嬢コラム】ド真面目Mの理系男子、ドライオーガズムに悩む


 普段の仕事でいろんな数式を使うみたいで、ドライオーガズムを試みているときでも、アナルに入れる指の角度は…、力加減はこれくらいで…とか頭で考えちゃうんだって(笑)。だから私は、いつも彼に「Don’t think!」って言ってる。考えないで感じればいいのよ♪

 そんな彼が最近よく私の元に通ってくれるの。これまでは月1ペースだったんだけど、月に2~3回に増えてるのよ。いよいよ本気になったのかしら。

 でも今はヨーロッパに出張中。海外出張が多くて、数カ月の間、日本を離れることもザラにある。そういうとき、M男としての欲望をどう処理しているのか聞いたことがあるんだけど、風俗店に足を運ぶみたいね。ドイツ出張のときは「FKK」に行ったみたい。

 FKKっていうのは、簡単にいうとドイツ式高級ソープランドね。男女混浴の銭湯にソープがついているようなイメージかな。プールやバーなんかもあって、ハプニングバーみたいな雰囲気もあるみたい。風俗のテーマパーク的なものかしら(笑)。いろんな人種の女のコがいて、見ているだけで楽しいんだって。

 海外と日本では性風俗文化もやっぱり異なるようで、その国独自の風俗を楽しんでみるのは面白いかも。ヨーロッパでは売春が合法化されている国も多いから、その点だけみても国の風俗に対する捉え方の違いがわかるわね。私は日本のハプニングバーには行ったことがあるけど、ドイツのFKKはまだ未体験。だからちょっと気になっているの。

 そういえば、日本のハプバーで面白いことを体験したのを思い出した。それについては、また今度お話ししますね♪

 
☆わたくしに不安やお悩みごとを相談したい方は、相談内容とペンネームを info@fixjapan.main.jp「えり女王様のお悩み相談コーナー」まで送ってちょうだい。お待ちしております♪

 
【えり女王様】
OLを経験したのち、2014年にいきなりSMの世界に飛び込む。
わずか半年で老舗SMクラブのNo.1女王様に。
これまでに跪かせてきた奴隷たちは3000人以上に及ぶ。
アメブロ『SMの進化系 えり女王の…ブスは黙れ!!』も大好評!

えり女王様のコラムのバックナンバーはコチラ

 

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック