素晴らしきかな「ちんシャブ大好き女」!! 癒しとエロスが同居する“碧しの”チャンの口ワザがギュッと詰まった作品

 
トコショー流! 思わずジャケ買い!! エロ過ぎるAVパッケージの世界・第574回

 
 2009年にAVデビューした碧しの(あおい・しの)チャン。デビュー当時はロリ系女優として活躍していたが、26歳となった現在でも、まだまだ余裕でロリのジャンルに入れてしまって構わない可愛さを誇っている。

 筆者は癒しとエロスが絶妙なバランスで同居するしのチャンみたいな顔が大好物で、いつも見ているだけでチンポの先がジュンと濡れてしまう。

 過去に何度か引退と復帰を繰り返しているしのチャンだが、できれば、筆者のチンコが立つ間は現役でいてもらいたいものだ。

 今回紹介する作品は、そんなしのチャンの『ちんシャブ大好き女 碧しの』。これは、長いAV女優生活で培った彼女のフェラテクの集大成的な作品に違いない、と期待のあまりトランクスにエッチな染みを作りながら観賞を開始した。

 まずはインタビューシーンから。プライベートでもフェラチオをするのが大好きなようで、過去のフェラチオ経験を嬉々として語るしのチャン。

 そのフェラチオが始まると、手枷足枷クチ枷をつけられてベッドの上で大の字となっている男優を相手に、猛烈な攻撃を仕掛けるのだ。

 幅広で肉厚な舌を器用に動かし、タマや竿やカリを巧みに舐め進めるしのチャン。さらに、パクッと咥えて、唇をすぼめながら上下運動も加えていく。

 
このフェラ顔の可愛いのなんのって!

 
 どんなに綺麗な女優も、フェラチオの時だけは滑稽に見えてしまいがち。しかし、しのチャンのフェラ顔は、ただただ可愛いのである! 普通に“おすまし”している時よりも可愛く見えてしまうのは、決して筆者の気のせいではないはずだ。

 舐めているうちに感じ始めたしのチャンの口からは、ハァハァとエッチな吐息が漏れ、それに、彼女の口内で分泌された大量の唾液の音も加わり、独特のハーモニーを奏でる。このシーンは、聴覚でも興奮できること請け合いだ。

 その後、大量のザーメンが口内にブチ捲けられることに。すると、しのチャンは「ザーメン、臭いぃ」と言いながら口内のザーメンを撹拌してカメラに見せつけ、何のためらいもなくゴックンと飲み干すではないか!

 わざわざザーメンの匂いを強調していたのは、困惑する男優の表情を見たいがためだろう。癒し系の優しい雰囲気なのに、Sっ気が見え隠れ…。まさに筆者にとってドストライクなプレイなのであった。

 続くシーンでは、便所でフェラ抜きしてからのゴックンや、男優ふたりを相手にしたダブルフェラからの連続精飲、マッチョな男優に浴室でフェラ奉仕してからのゴックンを披露するしのチャン。

 最後は5人のM男クンを相手にしての連続フェラプレイで、それぞれ違う体勢でフェラしたり、素股プレイを挟んでみたり、オナニーしながらフェラしたりと、観る者を飽きさせないシーンの連続だった。

 本作の収録時間は180分ほどで、合計10発のゴックンを拝めたカタチだ。セックスシーンは一度もなかったが、ヌキどころ満載であることは言うに及ばず、彼女のフェラテクが十二分に堪能できた。ただひとつ、個人的に残念な点がある。それは、

 
どの男優もみんな立派な巨根の持ち主だったことだ!

 
 控えめサイズのチンコを持つ筆者としては、観賞中チラチラと劣等感が湧き出てしまったのである。まっ、精神的Mの筆者にしてみれば、それすらも興奮材料なのだが…。
(文=所沢ショーイチ)

men's Pick Up