リアル不倫気分が味わえる“白昼デリヘル”


 この店は待ち合わせ式デリヘルなので、午後1時、東京郊外某所、ラブホテル街の近くの指定されたポイントでお相手を待つ。予約時にあらかじめコチラの服装を伝えていたので、背後から声をかけられた。

 振り向くと、そこには30代半ばくらいの女性の姿。化粧っ気はなく、黒髪ロングヘアーはラフにまとめられていた。服装もベージュを基調とした地味めのもので、いかにも素人妻という雰囲気が漂っていた。彼女は「大山(仮名)です」と名乗った。

 地味な印象ではあったが、よくよく見れば、目鼻立ちはハッキリしていて、なかなかの美人。パッチリ二重の目で見つめられ、「それでは行きましょうか」と腕を絡められると、自然とテンションがあがった。

 待ち合わせ場所からホテルに移動するまで、大山さんとたわいもない話で楽しい時間を過ごす。その雰囲気と彼女の容姿からして、誰も風俗とは思わない気がした。こうして、真っ昼間という時間帯も手伝って、“白昼堂々イケナイことをしている感”がどんどん増していった。

 部屋にチェックインした瞬間、玄関でディープキス。地味めなルックスとはうらはらに、かなり積極的な大山さん。

 その後シャワーとなったが、バスルームの窓は思ったよりも大きく、暖かい光が差し込んでいた。灯りをつけず、そのままプレイすることにした。その光と湯気の中に浮かぶ、大山さんの少し弛んだウエスト回りや背中に刻まれたブラジャーの跡…。リアルな女性の日常にすっぽり入りこんだような感覚だった。

 部屋の方も厚手のカーテンの隙間から自然光が差し込んでいた。薄明りの中に浮かぶ30代半ばのリアルなボディライン。大山さんはスタートのキスから激しく、そして全身リップ。その後、お互い貪るようにシックスナインの体勢で求めあった。まさに白昼の情事。そして、二人で絶頂を迎えるのであった。

 ことが終わり、会話の中で意外なことを知った。

「週末はぼちぼち忙しいですけど、年金暮らしのおじいちゃんが多いです」

 えっ、おじいちゃん!? そうすると、年金受給日の偶数月の15日は混雑するのだろうか…。少し気になる筆者なのであった。
(文=子門仁)

men's Pick Up

風俗関連トピック