「次元の壁を超えた」叶美香、二次元キャラ完全再現の爆乳コスプレに絶賛の声


 このコスプレを目にした姉の恭子は「すーぱーそに子さんよりかなりマーベラスぎみになってしまい どうしても洗練された雰囲気がでてしまうわね…」と指摘したそうで、すーぱーそに子の天然キャライメージに合わない気品があふれ出てしまった様子。だが、前述のようにネット上では異例の絶賛が巻き起こっており、洗練された雰囲気が出てしまっても好評に変わりはなさそうだ。

「最近はハロウィンの前後などに芸能人たちがこぞってアニメキャラのコスプレを披露していますが、イメージの合わなさや再現性の甘さなどが原因で作品のファンから批判が殺到し、二次元キャラのコスプレは一種の鬼門となっています。今回のような絶賛一色の状況は異例中の異例。もちろん驚異的な再現性が好評の最大の理由でしょうが、いわゆる “ニワカ”ではなく、本当にオタク文化に染まろうとしている姿勢も絶賛の大きな要因になっています」(アニメ誌ライター)

 昨年、美香は人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの大ファンであることを告白し、キャラクターのコスプレを披露。それだけなら珍しくもないが、美香が扮したのがシリーズ第3部に登場する敵キャラクター「ホル・ホース」という渋い選択だったために「これはガチ」と原作ファンが絶賛。さらに昨年末の大規模同人誌即売会『コミックマーケット(コミケ)』に姉妹そろって来場し、しっかり『ジョジョ』や『黒子のバスケ』のBL(ボーイズラブ)同人誌を購入していったことでオタク層からの好感度が爆アゲ状態となった。

 早くもオタク層との間に信頼関係が生まれ、今回の「すーぱーそに子」のコスプレはネットユーザーたちの熱いリクエストによって実現したという。これから「再現不可能」と思われていた二次元キャラの完全再現に次々と挑んでくれそうな気配。さらには今夏の「コミケ」でコスプレ生披露という可能性もあるだけに、その動向から目が離せなさそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops

men's Pick Up

ニュース関連トピック