お下品すぎる女祭りでポロリ続出!~キャットファイトレポート~


 キャットファイトは、お客さんも参加して楽しめることが魅力のひとつ。その代表例に、試合中の選手に水鉄砲を発射する『水鉄砲マッチ』がある。今回はディジーマインと雛りなによる一騎打ちで行われ、ノーブラで白Tシャツ着用というルールを追加。その結果、試合開始早々にTシャツが濡れて乳首がバッチリと透けて見えて、客席はヒートアップするのだった。

 

20161230cat09.jpgキャットファイト名物『水鉄砲マッチ』。今回は選手が白いTシャツ着用ルールのため透けた結果…
20161230cat10.jpg当初は水鉄砲で撃ち合うルールだったが、感情が高ぶって、結局脱がしあいに

 客席の熱い声援に燃えたのか、ファイターのふたりも水鉄砲が弾切れになると、Tシャツを破り始め、バストが露に…。ビチョ濡れの裸は、いかなる状況でもエロいのだと改めて実感した試合であった。

 メインイベントは、CPEのお家芸であり、キャットファイトの代名詞ともいえる『追い剥ぎマッチ』がラインナップされた。しかも、若林美保、紫龍みおといったおなじみの顔に加えて、鏡カノン、柔道ちぢみちゃん、熟女AV女優として知られている伊織涼子が初参戦。つまり、少なくとも4人のポロリを見ることができるのだ。

 メインの見どころは、なんといっても、追い剥ぎの無敗女王の異名を欲しいいままにしていた若林美保に、今年3月初めて土をつけた紫龍みおの絡みだ。

 しかし、そこに初参戦の伊織涼子が奮闘して若林美保に迫り、試合は予想以上の混戦になった。それでも、最後の二人に残ったのは、若林と紫龍の両者だ。若林は同じ失敗は繰り返さないとばかりに、グランドの状態になり、冷静に1枚ずつ追い剥いでいく。

 

20161230cat11.jpgメインイベントは『追い剥ぎ5WAYマッチ』。熟女AV女優の伊織涼子が初参戦し、女王・若林美保に果敢に挑んだ
20161230cat12.jpg
20161230cat13.jpg若林美保に初黒星を付けた紫龍みおはこの日も絶好調で、前から後ろから対戦相手の衣装を剥ぎ取っていった
20161230cat14.jpg

men's Pick Up

カルチャー関連トピック