【K大卒現役超高級ソープ嬢が教えるベッドのナイショ♪】風俗嬢が教える気持ちイイ触り方実践講座


手順0:女の子に密着する

 まず触り方以前の問題です。ベッドの上での甘い時間、こと風俗の女の子は、殿方のぬくもりをプレイ中に感じることはあまりありません。なぜなら、風俗でのセックスはレジャーセックスですので、乳首を舐めアソコを舐め、あちこちの性感帯を弄り回し、挿入しては体位を変えとご多忙の方が多いからです。このレジャーセックスを普通の女の子は好みません。

 女の子の求めているセックスは、肌のふれあいを感じるラブセックスです。激しい必要はありません。そっと触れて、できるだけ密着してください。お互いの体温を移すイメージでくっつきましょう。

 その後の動きも考えて、女の子の右手側に半身に寝ることをお勧めします。腕枕は、してもしなくても構いません。右手の可動域を確保することを考えてポジション取りをしましょう。

 
手順1:手を女の子の腰あたりに乗せる

 準備ができたら、いよいよ女の子に触ってみましょう。女の子の腰骨の上に手を載せます。特に腰骨である必要性はありませんが、単純にこのポジションから乗せやすい位置なので腰にしておきます。触りやすければ肩でも構いません、骨の上から初めて骨の上で終えるのがいいです。

 手は触れるの触れないのと考える必要はありません。押さえず浮かせず、手の重さを自然にかけてください。手のひらをぺったりつけた状態で女の子の肌が少し温まったようなら始めどきです。

 
手順2:手をゆっくりと滑らせる

 女の子の肌が温まったら、ゆっくりと手を滑らせます。手の動きやすい方でいいですよ。私は膝に向かって降りていくことが多いです。

 ゆっくりである分にはゆっくり過ぎるということはありません。目安としてワルツのリズムを意識しましょうか。「アン、ドゥ、トロワ」でも、もちろん「いち、にー、さん」でも大丈夫です。ワルツがわからない方は準備運動のリズムでお願いします。

 女の子の体の輪郭をなぞるように、なるべくひっかかりなく滑らかに動きましょう。ここで注意したいのは、小刻みに上下に動かないことです。手順3を読むまでは折り返さないでください。興醒めなのは、早速とばかりに乳首弄りに精を出すことです。ここでは乳首とクリちゃんの存在は忘れます。女の子は皮膚だけで十分気持ちよくなれるのです。それを信じてそっと肌を撫でましょう。

 
手順3:関節で円を描いて折り返す

 膝に向かって輪郭を撫でていくと、そのうち手が届かなくなります。手の長さ以上には動くことができませんので折り返すことにしましょう。

 先にも言った通り、動きは骨の上で初めて骨の上で終わりたいので、できれば膝、届かなければ仕方がないので手前で、優しくゆっくり2、3回円を描いて上方向に撫でる向きを変えます。ちょうど眠そうな赤ちゃんや小さい子の頭を撫でるイメージです。膝から上方向にふともも、腰骨、くびれ、脇腹、おっぱいの横を通って肩を“よし、よし”と手のひらでまあるく撫でてあげたら今まで来た道を逆戻り、これでいつまででも肩と膝の間を撫で続けられます。

 これで基本は完成です!! 難しくないですよ…ね?

 この触り方は、「マッサージまではいかないけど男が考える気持ちイイ触り方よりかはマッサージ寄り」というスタンスですので、女の子をマッサージするような気持ちでいていただけるとうまくいくと思います。

 あとは速度を変えてみたり、手のひらで触るか指で触るかを変えてみたり、たまに首筋を触ってみたりしながら感覚で味付けしてみてください。おっぱいも急に乳首を触ってはいけません。輪郭を優しく、まるく、ゆっくりと撫でる基本を守りながら徐々に近づいていってくださいね。

 マッサージではなく、あくまでもえっちなお触りなのを忘れずに。矛盾することを言えば 、目の前の女の子の反応がすべてなのですから、気持ちよさそうにしていればオールOK♪ さっきは女の反応は参考にならないと言いましたが、いざベッドに入れば本音云々は置いておいて、盛り上がったのが正解です♪

 どうでしょうか、できそうですか? 私が私のお客様全員に仕込みたい触り方ですので、気持ちイイのは間違いないです。早速今夜、あの子に試してみてくださいね♪ あっ、もちろん習得したらあの子好みにカスタマイズすることもお忘れなく。

 レッツエンジョイ、ベッドタイム♪ それではまた次回!
(文=茅原まおみ)

【K大卒現役超高級ソープ嬢が教えるベッドのナイショ♪】バックナンバーはコチラ

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック