マッサージAVの世界が体感できる風俗!


 しかし、このボディを堪能するのは、ひとまずお預け。まずは、うつ伏せ状態でのマッサージから始まった。

 驚いたのは、マッサージが本格的なものだったことだ。凝っているところをグイグイと指圧するのだが、その力強さは、街のマッサージ専門店と遜色なかった。

 普通のマッサージ店というコンセプトもあり、股間周辺や性感帯へのタッチは一切ないまま、ミカさんは普通にひたすら揉みほぐすのみ。とはいえ、これはこれでかなり気持ち良く、ついウトウトしてしまった。

 続いて、仰向けになると、本気でマッサージするミカさんの額にうっすらと汗がにじんでいるのが目に入ってきた。その表情は、たまらなくセクシーなものだった。

 施術の時に前かがみになれば、制服からは巨乳の谷間が見えるし、タイトスカートの裾もまくり上がり、下着もチラリ…。

 これが合図だと思った筆者は、ついに禁断の領域に足を踏み入れることにした。

 まずは、控えめに太ももにタッチした。すると、やんわりと拒否するようにポジションを変えるミカさん。ならば逆からと思えば、スルリと体勢を入れ替えられた。

 イタチごっこのような展開の中、ミカさんは「困ります…」と呟いた。しかし、その表情はまんざらでもない感じだ。これを“もっと責めてもいい”と判断し、普通にマッサージしようとするミカさんの尻を激しく撫でまわす。

 何度「おやめください」と言われても、制服の上からお尻や胸を揉み続けた。そのうち、彼女の下着には恥ずかしいシミが浮かぶことに。

men's Pick Up

風俗関連トピック