美少女・川村まやが失禁しながら3P!?

態度はSなのにカラダはドM…小悪魔系美少女・川村まや、泥酔状態で失禁しながら3P!!

 
トコショー流! 思わずジャケ買い!! エロ過ぎるAVパッケージの世界・第430回

 小悪魔系の美少女といった感じの川村まや(かわむら・まや)チャン。彼女がAVデビューしたのは2013年7月なので、現在はAV女優歴4年目に突入したことになる。

 ロリ系女優としてデビューしただけあって、成人しても相変わらず愛くるしいまやチャン。本作『メスころがし 美マゾ凌辱調教 川村まや』では、そんなまやチャンがM女となって調教されまくるというのだから、観賞前から期待で股間が膨らんでしまう。

 まずは屋外を散策しながらのインタビュー。監督からの質問にハキハキと答え、物怖じしない性格が見え隠れするまやチャン。プライベートのエッチでは「男の人が興奮する顔を見るのが好き」と、精神的なSのようだ。

 そして、ホテルに移動してエッチ開始。Sっ気の強いまやチャンだが、従順に男優の指示に従っていく。オナニー披露を強要されたり、オナニーしながらフェラチオ奉仕するよう命じられたり…。挿入後も可愛いプリケツをスパンキングされながら、感じまくってしまう。

 「心はSだけど、肉体はMかも」と、まやチャンが語っていた通りだった。

 お次は、縄で拘束された状態でのイラマ調教だ。3人の男優が、まやチャンの小さくて可愛いおクチにチンコを交互にネジ込んでいく。涙目になりながら耐えるまやチャンだったが、時折漏れる鳴き声がとてもエロい。喉奥を犯されているうちに感じてしまったのだろう。

 まだまだ調教プレイは続き、次は電マ攻めだ。椅子に拘束されて一切の身動きが取れないまやチャン。そんな彼女に対し、バイブや電マ攻撃が執拗に行われていく。いつ終わるとも知れぬこのオモチャ攻めに、まやチャンは完全にグロッキー状態。何度もイカされ焦点の合わない目で虚空を見つめる姿は、普段の小悪魔系美少女の彼女とは別人のようだった。

 実は本作の撮影が3カ月ぶりだったというまやチャン。ほとんどアドリブみたいな本作だからこそ、今までほかの作品で見せてこなかった素が出てしまったのだろう。

 最後は飲酒しながらのセックスシーンだ。まやチャンはお酒が好きなようで、グビグビとグラスを空にしていく。すると、見る間に彼女の顔や上半身がピンク色に。どうやら身体にアルコール反応が出やすい体質のようだ。

 そんなまやチャンにふたりの男優が襲いかかり、怒涛の愛撫攻撃が仕掛けられる。

 しかし、相当量の飲酒のせいで尿意を感じてしまうまやチャン。プレイの最中にベッドの上でウンコ座りし、お皿に放尿するというシーンが2回もあるのだった。

 こうしてヘベレケ状態のまま挿入開始。途中で足がツってしまうというハプニングがあったものの、男優たちの硬いチンコに大喜びしながら何度もイッてしまうのだ。

 ラストは2連続顔射だったが、ピンク色に染まった彼女の顔にブチまけられたザーメンの白さがとても際立っていた。普通の顔射なんかよりずっとエロ可愛くて、筆者はキュン死寸前だった。

 収録時間の140分間、ずっと甘い声で鳴きまくっていたまやチャン。心の底から気持ち良さそうにしていたので、凌辱っぽさはほとんど感じられなかった。

 セックスシーンは冒頭とラストの2回だけだったが、ヌキどころ満載なので彼女のファンにとってはたまらない内容だろう。
(文=所沢ショーイチ)

men's Pick Up

AV関連トピック