水原希子、SNSへの中傷コメントに苦悩…ネット上には「やめてもいいのでは?」との声も


 水原といえば、以前Instagramに「FUCK YOU」とプリントされたTシャツを着た姿を投稿し、日本人のみならず外国人ユーザーからも批判コメントが殺到。また、白いパンツをはいた女性の股間の写真をアップし、「下品」などのバッシングが相次いだことも。このとき水原は、写真は自身の姿ではなく、あるカメラマンの作品だと説明し、「人それぞれ価値観が違うから、もちろん何も押し付ける気持ちはないけど、キャパシティーが少ない人が多くて、その価値観でネガティヴなコメントを貰うのは悲しい」と反論していた。

「いまや芸能人にとって、ファンとのコミュニケーションの場や宣伝ツールとして広く普及したSNSですが、水原さんのように心ないユーザーからの中傷コメントに悩まされるケースも増えています。平成ノブシコブシの吉村崇さん(35)や品川庄司の庄司智春さん(40)は挑発的なコメントが多数寄せられることを理由にTwitterをやめている。また、女優の北川景子さん(29)も、過去に炎上騒動などが原因でブログを一時的に閉鎖したことがあります。

 SNSは不特定多数の人の目に触れるという性質上、中傷を含めてさまざまなコメントが寄せられる。そのせいでネガティブになってしまうのならば、いっそのことやめるという方法もあるでしょう。プライベートをできるだけ隠していくことでタレントイメージのコントロールが可能になったり、バッシングから解放されて精神的な安定につながることもあると思います」(芸能ライター)

 水原のInstagramといえばセクシーショットやファッショナブルな写真が多く、それには絶賛コメントも殺到している。SNSによって人気を高めている部分も大きいだろう。中傷を最小限に抑えるように投稿内容に気をつかうか、それともバッシングを気にせずありのままの自分を発信していくのか…。自身が慕う松本に「プラスも多少ある」との助言も受けたことだし、今後もポジティブに活用してほしいものだ。
(文=サ乙)

men's Pick Up

ニュース関連トピック