土屋太鳳、上品さ漂う天然キャラで芸人らを翻弄! アンチも吹き飛ばす自然体の魅力


「『まれ』や『下町ロケット』から、土屋さんには健康的な美少女といったイメージを持っている人も多いと思いますが、バラエティで見せる姿もハツラツとしたもので、ギャップが少ないことから視聴者も安心して楽しむことができる。今回の番組では食事するシーンもありましたが、いかにもおいしそうに食べる姿は可愛らしさと同時に上品さを感じさせ、そういった雰囲気も天然キャラを嫌味のないものにしている気がしますね」(芸能ライター)

 一方、ネットを見ると、喋り方や仕草が“あざとい”として、天然キャラを装っているのではないかとの指摘もある。

「人気者となればアンチの存在も出てくるもの。幅広い層から支持される土屋さんも例外ではなく、一部から“ぶりっ子”といった声も上がっています。映画のイベントなどでサンタクロースや妖精を見たことがあると話したり、記者の質問に見当違いの返事をしてしまった姿に違和感を覚えた人もいるようですね。

 また、『まれ』で夫婦役を務めた若手イケメン俳優の山崎賢人さん(21)との仲が良すぎるとして、一部の女性ファンからバッシングが上がったこともありました。多くの人はふたりを『お似合いのカップル』と好意的に受け止めていますが、公開中の青春純愛映画『orange-オレンジ-』でも恋人役を演じていることから、山崎さんのファンには納得いかない部分もあるようです。試写会ではコタツに入ってトークを展開したのですが、仲睦まじいふたりに対して『イチャイチャしすぎ』といった声も上がっていました」(ネットライター)

 父親が会社経営者で母方の祖父は病院の元院長という超お嬢様の土屋。そういった環境で育ち、芸能界でもブレイクを果たした彼女は同性からの反感を買いやすいのかもしれない。ともあれ、天然ボケなところを見せつつも清楚で上品な雰囲気を漂わせる彼女には、アンチの声など気にせず、今後も自然体の魅力を振りまいてほしいものだ。
(文=愉快)

men's Pick Up

ニュース関連トピック