閲覧注意! 123発のザーメンをガブ飲みする浜崎真緒に圧倒されっぱなし!!

tokosyo_av_275TP.jpg※画像:『浜崎真緒、123発の精子飲む。』ワープエンタテインメント

 
トコショー流! 思わずジャケ買い!! エロ過ぎるAVパッケージの世界・第275回

 2012年にAVデビューし、現在22歳の浜崎真緒(はまさき・まお)チャン。18歳のデビュー当時からEカップの美巨乳が魅力的だったが、現在はFカップへと見事に成長している。

 もちろん乳だけではない。ただでさえ可愛い顔立ちが、歳を重ねるごとにますます可愛くなっている真緒チャンなのである。

 そんな真緒チャンにメロメロの筆者トコショー。今回紹介させていただくのは、彼女のザーメンゴックン物である『浜崎真緒、123発の精子飲む。』だ。果たしてどんな飲みっぷりを披露してくれるのか、想像しただけで観賞前からフル勃起してしまう筆者なのであった。

 まずは公園のベンチに座ってのインタビュー。ザーメンゴックン物は本作で3本目となる真緒チャンだが、あらかじめ100発以上を飲むことになると聞いていて、かなり緊張している様子。しかしその表情はイキイキとしていて、楽しみにしているというワクワク感もヒシヒシと伝わってくる。

 そして公園内の多目的トイレの個室に向かうことに。そこには6人の汁男優が待機していた。カメラを持つ監督と真緒チャンと汁男優6人の合計8名が室内にギュウ詰め状態である。そんな状況に物おじせず、覚悟を決めた真緒チャンが自ら先導してプレイが開始。

 一人一人の汁男優に「どうしてほしいですか?」と小声で尋ね、キスしてあげたり、パイズリしてあげたり、フェラチオしてあげたりする真緒チャン。

 普通こうした大量発射ものの場合、汁男優たちに自分でシコシコさせ、女優はそれをただ受け止めるというパターンが多い。だのに、真緒チャンのこのサービスっぷりはなんとしたことだろうか。

 インタビューで、「撮影の時はいつも相手の男優さんのことを好きになるの。その方が気持ちいいし、見ている人もそのほうが喜んでくれると思うから」と語っていた真緒チャン。まさにその通りなのだろう。十把一絡げの汁男優をぞんざいに扱うのではなく、れっきとした一人の男として接する真緒チャンなのであった。

 こうしてあれよと言う間にザーメンを彼女の口内に発射していく汁男優たち。真緒チャンは「美味しい、美味しい」と1発1発をじっくりと味わいながら飲み干すのである。

 お次はスタジオに移動してのゴックンプレイ。そこに待ち受けていたのは、30人以上の汁男優の集団だ。そのあまりの多さに驚く真緒チャンだが、すぐに気を取り直してノリノリ状態に。

 男優たちのチンコを間近で見ながらオナニーを開始する真緒チャン。電マでクリちゃんを刺激しながら、自分の乳首をレロロロロロと高速に舐めるその姿が可愛いのなんのって。このオナニーシーンだけでも十分オカズになってしまうレベルだろう。

 そして頂点に達すると同時に、目の前で仰向けになっていた男優たちの顔めがけて潮を盛大にブッカケる真緒チャンなのであった。男優たちの嬉しそうな顔を見て嫉妬せずにはいられないトコショー。

 こうして怒涛のゴックンプレイが開始。一人一人のチンコを丁寧に愛してあげる真緒チャンの姿は、まさに天使そのもの。筆者のような非モテ野郎の目の前にこんな女性が現れたら、その場でプロポーズしたくなること間違いなしである。

 その後も、さまざまなシチュエーションやコスプレでゴックンしまくる真緒チャン。2日間に渡っての撮影だったのだが、目標だった120発を3発分上回って合計123発分のゴックンを完遂したのであった。

 こんな愛情一杯のゴックンものだとは予想もしていなかったので、ただただ驚かされるばかりだった。発射の瞬間も汁男優の顔を見つめ、大好きな人のチンコを舐めるノリでお掃除フェラしてからゴックンを披露する真緒チャン。もし筆者が汁男優としてこの撮影に参加していたら、我を忘れてその場で告白してしまい、スタジオの外に摘み出されていたに違いないだろうなぁ。

 収録時間は4時間4分とかなりの長尺作品だが、その長さを全く感じないほど真緒チャンに酔いしれることができるだろう。彼女のファンはもちろんだが、彼女の作品をまだ見たことのない人にこそ強くオススメしたい作品である。
(文=所沢ショーイチ)

men's Pick Up

[人気のキーワード]

  1. ドスケベ女の性事情
  2. 風俗体験談
  3. 所沢ショーイチ
  4. 世界一周エロ旅
  5. 元デリヘル店長の回想録
  6. パンチラ連載
  7. トコショー
  8. セフレとのエッチ
  9. 初体験の思い出
  10. 茅原まおみ
  11. 激アツ風俗嬢ハメ撮りレポート

men's最新記事