イベントの華・コンパニオンの中には風俗の女のコがチラホラ

ThinkstockPhotos-151516594.jpg※イメージ画像:Thinkstockより

 風俗店でお気に入りの女の子はとことん指名しまくる筆者。最近は、池袋のデリヘル『B』に勤務するアイちゃんがお気に入り。ということで、先日もプレイ後に翌々週の週末の予約をしようとしたが、「その週末はお休みをいただくんです。ごめんなさい」と言われてしまった。気持ちも股間もションボリである。しかし、「でも、お会いすることはできますよ!」とアイちゃんはニッコリと微笑んだ。いったいどういうことだ?
 
 
 
「週末に某所で行われるイベント、ご存じですか? 私、あそこでイベントコンパニオンをやるんですよ」
 
 
 
 やけにウキウキした表情を見せているのは、このデリヘル『B』はコスプレに特化している店で、アイちゃん自身もコスプレが好きだからだろう。イベントブースのコンパニオンの衣装は、ある意味でコスプレだ。「そうなんですよ! だから、楽しみなんです!」と話すアイちゃんだったが、筆者には気になることがあった。

 アイちゃんが話してくれたイベントは、国内外の企業が集まる巨大なもので、雑居ビルで行なわれるようなものとはワケが違う。アイちゃんに聞けば、彼女がコンパニオンを務めるブースは、世間的には知名度は低いものの、業界的には有名な企業であるとのことだった。もちろん、筆者自身は風俗を卑下する気持ちは微塵もないが、そのブースの企業にとって、“女のコの身元”的な問題はないのだろうか?

men's Pick Up

風俗関連トピック