おのののか、枕営業を完全否定もブラマヨ・吉田は「絶対にある」と断言! そのワケとは…

 グラビアイドル・おのののか(23)が、7日深夜放送の『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』(フジテレビ系)で枕営業疑惑を完全に否定した。

 2013年にスポーツ新聞によって“美人すぎるビールの売り子”と報じられ、その後徐々に活躍の幅を広げたおの。昨年には多数のバラエティ番組に出演し、一躍知名度を上げて売れっ子タレントの仲間入りを果たした。公開中の映画『呪怨-ザ・ファイナル-』にも出演しており、女優業にも進出している。

 しかし、芸能活動の傍らで売り子をしていたおのだが、人気者となった今でも「いきなりバイトの女の子がタレントデビューした」と思い込んでいる一般の人は多い。そうした勘違いが、あまりにもデキすぎたシンデレラストーリーにはウラがあるのではないかという疑念を生み、ネット上を中心に「枕営業では!?」とささやかれているようだ。

 加えて、おのは愛らしい笑顔と親しみやすさで人気を集めるが、ビートたけし(68)が「饅頭みたいな顔」と指摘するなど、必ずしも正統派な美人というワケではない。南海キャンディーズの山里亮太(38)は「キン●マに似ている」とネタにしていたことも…。ルックス的な部分よりもキャラクターが評価されている証といえるが、世間にも「なんでこの子が売れているんだろう?」と思う人は少なからずいるようで、それが枕営業という言葉に結びついているのかもしれない。

men's Pick Up

ニュース関連トピック