おのののか、枕営業を完全否定もブラマヨ・吉田は「絶対にある」と断言! そのワケとは…


 7日の『村上マヨネーズ』でも、開始早々からメーンMCの関ジャニ∞・村上信五(33)が、「おのさんといえば“枕”ですけど…」と、さも当たり前のことのように切り出していた。すかさずおのは「まったくのデタラメ」と完全否定するも、村上は半信半疑といった表情。おのは自分のことをネットで検索する“エゴサーチ”をよくすると言い、「なんで枕営業とか言われているのかわからない」と疑惑の目が向けられていることは自覚しているようだ。

 さらにおのは「ホントにしたことない」と強い口調で続けたが、スタジオの観覧者たちは「ふーん」と冷めたリアクション。いかにもおのの言葉を信じていないといった感じで、村上も「これが世間の反応やな」と、うなずくように呟いた。それでもなお納得のいかない顔のおのに向かってブラックマヨネーズの吉田敬(42)が、「まあ、一周目はそういうことがあったんでしょう」とポツリ。今おのが売れているのは実力だろうが、そのきっかけとなった仕事は枕営業でゲットしたに違いないと指摘するのだった。

 おのは改めて「そんなことない」と否定したが、吉田は「絶対にある」と断言。その口調はかなり強いもので、何かヒミツを握っているようでもあった。しかし、よくよく聞いてみると、その根拠はかつて吉田が「アイドルを仕事チラつかせて抱いた」ことがあるから。自身の経験をもとに、おのも枕営業をしたと決めつけたのだった。つまり単なる言いがかりで、おのも苦笑いを浮かべるしかなかった。それにしても、仕事を餌にアイドルを抱いたことがあるとは…。

 だが枕営業といっても、その線引きはかなり曖昧なものがある。単にナンパをして、その会話の中で仕事の話になることもあるだろう。吉田を擁護するワケではないが、目の前に魅惑的な女性がいれば口も滑らかになるものだ。また、今回の発言はゲスでケチなキャラで知られる吉田ならではのギャグという可能性もある。いずれにしろ、今回の吉田の発言に尾ひれがついて、さらに枕営業疑惑が強まってしまえば、おのにとってはいい迷惑なだけ。番組への出演を後悔することにならなければいいが…。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

men's Pick Up

ニュース関連トピック