アイドリング!!!にとって最後の夏! 往年のアイドル水泳大会を模した企画で“ポロリはなくても”大はしゃぎ!


 カラフルなビキニを着たアイドルがプールではしゃいでいるだけでも目の保養になるが、浮き輪にすっぽりとお尻を沈めて生足をバタバタさせる姿は、いかにも可愛らしいもの。しかも鬼となったスタッフは手にカメラを持っており、水中に沈んだヒップのドアップなどもきっちりと激写してくれる。メンバーたちを浮き輪から落とす際にも、おっぱいの谷間や水しぶきを浴びる表情を映しており、アイドル番組を担当しているスタッフらしいサービスショットを披露してくれた。

 ここでもっともセクシーなショットを披露することになったのは、ダンスが得意で手足の長いスレンダーボディで知られる三宅ひとみ(23)。ジョーズに浮き輪をつかまれて水の中に放り出されると、勢い余ってカメラに向かってダイブするような格好になり、デコルテゾーンからおっぱいの谷間がアップで映しだされることに。 キメの細かな白い肌が水を弾いている様子がハッキリと見え、ファンにとっても貴重なお宝映像となったことだろう。とはいえ、さすがにポロリとはいかず。変わりに目立っていたのは、メンバーたちのバラエティに対する積極性だった。

 たとえば、メンバーの中でも勝気な性格で知られる河村唯(26)は、ジョーズに追いかけられた際に、ワザとらしく逃げるスピードを抑えて自ら率先してダイブするような姿を披露。その後、改めてプールの中から「もうちょっと興味もって!」と叫び、すぐにカメラがいなくなってしまったことに不満をもらす。

 また、メンバーから“さかっち”の愛称で親しまれ、姐さん的なポジションの酒井瞳(26)は、ジョーズにアッサリと浮き輪から落とされると「もっと撮ってよ!」と大声を上げて懇願。20名以上のメンバーが出演している番組では画面に映ることすらままならず、ふたりともチャンスをモノにできなかったことを後悔しているようだった。

 バラエティ番組から生まれ、10年もの間ファンに愛されることとなったアイドルグループ・アイドリング!!!。その根強い人気の裏には“アイドルらしからぬ”言動があり、そのことがほかのグループにはない独自性を生みファンにも受け入れられ、“アイドリング!!!らしさ”にもなっていた。今回の水泳大会ではそれが存分に発揮されていたが、卒業まで残り3カ月弱、ぜひ彼女たちらしいカタチで有終の美を飾ってもらいたいものだ。
(文=愉快)

men's Pick Up

ニュース関連トピック