母娘で同じ風俗店に在籍! 美味しい親子丼、いただいちゃいました


 「それでは、いきましょうか…」と母親が筆者の右側に、追うように娘が左側から腕を組んできました。両ひじに当たる二人のおっぱい…夏ならではの薄着による感触の心地良さといったら! それだけでデレデレ状態になっていたのですが、この時フとアタマをよぎったのは、この辺に“3Pで使えるホテル”はあるのかということ。ホテルによっては条例で同じ部屋に2人しか入室できないということも多々あるのです。

 といった話をすると母の方が、「大丈夫ですよ、予約しています!」とニッコリ。さすが、ぬかりない。ということで、ホテルにチェックイン。

 部屋に入るなり「今日は娘よりも私を愛して…」とキスをしてくる母。それに対抗するように「お母さん! 彼は私のものよ!」と、母親を払いのけてキスをしてくる娘。どうやら、母娘で男を取り合うというシチュエーションらしい。

 シャワーでは娘が前から、母親が背後から抱きついてのボディ洗い。その最中も「前と後ろ、どっちが気持ちいい?」と囁いてくる母親。

 ベッドでは交互にしゃぶる『ずいずいずっころばし式フェラ』を繰り出す二人。しかしながら、しゃぶる回数が多いのは母親であり、どちらかというと娘は一歩後ろに回って…という感じ。なんとなく、実家庭での光景が見えてくる気が…。

 そんなことを想像していると、母親が唐突に「この人のチンチンとアナタの乳首、どっちが硬いかしら?」と、両者を交互にしゃぶり始めたのです。そして「アナタの乳首のほうが柔らかいから硬くしてあげるわ」と、娘のバストを揉みまくりながらしゃぶる母…。まさかの母娘レズは壮観の一言!

 結局、プレイ中は常に母親がイニシアチブをにぎっていて、一度目は母が仰向けの筆者にまたがって騎乗位素股&娘が乳首舐めで。二度目は娘が騎乗位素股&母のディープキスでフィニッシュ! という“二杯の親子丼”をいただきました!

 筆者にとって人生初の『親子丼』は、母親が強めの味わいでした。その後、二人の出勤がパタリと無くなってしまったことを考えれば、もしかして、このまま幻の味に?
(文=子門仁)

men's Pick Up

風俗関連トピック