森下悠里、水泳大会でお尻に食い込むハイレグ姿を披露! お色気要員として見事な活躍

0701morishita_main.jpg※イメージ画像:『魅惑の女教師 森下悠里【Kindle版】』サークルチェンジ

 グラビアアイドルの森下悠里(30)が、30日に出演したバラエティ番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の3時間スペシャルで、セクシーキャラの実力をいかんなく発揮した。

 森下が登場したのは特番恒例企画「ロンハー水泳大会」。司会のロンドンブーツ1号2号をはじめ、人気芸人と女性タレントが多数集まり、競泳や水中騎馬戦などで競い合う1980年代に各局が放送していた「アイドル水泳大会」を彷彿とさせるものだ。

 司会の田村淳(41)も往年の「水泳大会」を意識しているようで、冒頭のトークでお笑い芸人の博多華丸(45)と当時のアイドルが水着姿でカラダを張っていたことを懐かしそうに話した。かねてより淳は「バラエティの復活」を方々で語っているが、ポロリなどのお色気要素が満載だった「水泳大会」を再現したいとの思いが強いのかもしれない。

 そんな淳の気持ちを理解していたのか、森下はエントリーした25メートル自由形のレースにセクシーな水着姿で登場。ビキニではなかったものの、お尻に食い込むハイレグの競泳水着はかなりキワどいもので、芸人たちからも「ヒューヒュー」と歓声が飛んでいた。さらに森下は自ら率先してお尻を突き出すポーズを決め、番組を盛り上げる。残念ながらレースでは最下位だったが、グラドルとしてのアピールはもとより、番組に対する貢献度も高いものになったようだ。

 この森下のほかに、“謎の美女”としてオジサン世代から注目を集める祥子や、Gカップ巨乳と女優・石原さとみ似の顔立ちで人気のグラドル・今野杏南(26)なども登場。しかし森下のようなハイレグスタイルではなくセクシーさは控えめな印象。個人的に目立つような活躍もなく、爪跡を残すほどの存在感を発揮することはできなかった。また、目下人気急上昇中の女性お笑いコンビ・おかずクラブやニッチェなども出演していたが、当然ながら“芸人枠”であり、求められるのは“笑い”。おかずクラブもニッチェもカラダが大きいため、自らのお肉を揺らすなどの仕草でその役目を果たしていた。

men's Pick Up

芸能関連トピック