手を出したら最後!? アイドルと“親密”になった業界人の末路とは…


「当時、彼女は小さなイベントや撮影会ぐらいしか仕事がなかったはずなのに、けっこうなマンションに住んでいた。今思うと、そのときからAVとか風俗の仕事をしていたのかも」

 実際、ライブや撮影会の仕事だけでは食べていけないマイナーアイドルは、生活費を稼ぐためにキャバクラや風俗で働くことも多々ある。ほとんどの事務所は出来高制の給与体系のため、売れないアイドルは月収2万円に満たないことも珍しくない。そういった事情から、業界人からの援助を必要としてしまう女の子がいても不思議ではないだろう。中には、麻布の高級風俗や財界のパーティー専門出張コンパニオンで大金を稼ぎ、のし上がってきたといわれる有名グラドルもいるほどだ。

 業界人の集まる店事情に詳しいB氏にも話を聞いた。B氏は脱サラ後、アイドル好きが高じて小さな芸能事務所を設立。現在は社長兼マネージャーである。

「六本木のある会員制キャバクラなんですが、『普通のバイトなんてできない』というグラドルが何人か働いている店があるんですね。そこでひどい目にあいました。僕を店に誘った人間が『この子、Bさんのこと気に入っちゃったみたいですよ』って隣にいた子をすすめてくるので、アフターでホテルに行ってしまったんです。そしたら後日、その子の事務所から連絡があって『うちのタレントを泥酔させてホテルに連れ込んだだろ? あんたに襲われたせいで彼女は大変なショックを受けてる。業務に支障が出ているので損害賠償と慰謝料を払え』と。そんなバカなと思いましたが、いろんな証拠も握られていましたし、向こうから『払わないなら訴える』と言われてしまったから、もう言う通りにするしかなかった。

 おかげでうちは家賃も払えなくなったので、借りていた事務所スペースを手放すことに。自分一人で生きていくにもキツい状況だったので、当然、撮影会などで使う衣装も女の子に買い与えられなくなりました。仕方がないので、洋服を自前購入してもらってイベントに出したりしていたのですが、少ないお小遣いでやりくりしている高校生の彼女達に申し訳なかったです。親御さんから大事なお子さんを預かっている身としても、本当に心苦しくて…」

 どうやら、アイドルと親密な関係になれたとしても決していいことばかりではないようだ。付き合おうと思って安易に業界に潜り込み、手を出したら最後という可能性は高い。やはり、アイドルは遠くから応援する方が本当の意味で楽しめるのかもしれない。
(文=柴田慕伊)

men's Pick Up

ニュース関連トピック