【ネットナンパ】敏感体質OLからのお誘い!! 長時間デートで何度も絶頂!

【ネットナンパ】敏感体質OLからのお誘い!! 長時間デートで何度も絶頂!の画像1
Illustrate by ながおか

トコショー、ふたたびの対決

 出会い系サイト遊びの中で最も嬉しい出来事は、女性のほうから二度目のデートを誘ってもらえることだ。

 存在価値を認めてもらえたような気分となり、「チンカスみたいな俺でも生きていていいんだ!!」と叫びだしたくもなる。

 今回はそんな二度目のデートを誘ってもらえた話だ。

 土曜の夜の23時過ぎに、LINEのメッセージが届いた。送り主はエリちゃん。今年の4月に筆者愛用の出会い系サイト【イククル】でゲットした24歳の会社員の女性だ。

 その初回のデートの模様は当コラムでも既に紹介済みだ。↓

所沢ショーイチ、出会い系サイト奮闘記  ケツ毛の長い人は地球に優しくない。  用を足した際に水やトイレットペーパーを大量に使用することになるので、環境破壊の一因になっているはずだ。  地球に優しくできない人が異性に優しくできるわけがない。生きとし生ける全ての女性のマンコを愛する筆者なので、常にケツ毛の手入れに余念がないのである。 ———————– 会社帰りに新宿で待ち合わせ ストレス解消にお付き合いしてくれませんか? 3か月前に失恋しているので、恋人探しとかではないです。 お互いプライベートに踏み込まない関係で楽しく遊べたらと思います。 4月1*日16時01分 受付メール数:0/5 ♀エリ 24歳 ———————–  日課である出会い系サイト巡りをしていると、筆者愛用の【イククル】でこんな書き込みを発見した。  ストレス解消の手段としてセックスを選んだと思われるエリちゃん。3か月前まで彼氏がいたということは、決して不細工ちゃんではないだろう。  彼女以外にも気になる書き込みを複数発見していたので、軽いジャブのつもりでアタックしてみることにした。 ———————– 初めまして、エリさん。 都内の会社員、ショーイチ・40歳です。 先ほどエリさんの書き込みを見ました。 優しいくらいしか取り柄のない私ですが、是非エリさんと楽しい時間を過ごしたいです。 17時以降ならずっとヒマしているので、待ち合わせ時間は何時になっても大丈夫です。 あ! お返事もらえたら私の写メを送りますね。 それを見てからで構わないので、検討してくれたら嬉しいです。 では! ———————–  いつもの定型文をちょこっと書き換えてから送信。すると、数分もしないうちに彼女から返信が届いた。 しかも、写メ付きで!!  こちらから率先して「写メを送ります」と伝えた場合、このエリちゃんのように催促する前に写メを送信してくれるケースが稀に発生するのだ。  胸をドキドキさせながら彼女の写メを確認する。 か、神よ! ありがとう!!  無神論者の筆者だが、この時ばかりは神に感謝した。彼女の顔はヴァイオリニストの宮本笑里に似た感じ。顔が真ん丸でちょっと魚っぽい雰囲気だ。まさに筆者のドストライクのタイプと言えよう。  顔の写メなので体型までは分からなかったが、こんな獲物を逃したら一生後悔するに違いない。足元を見られない程度に彼女の容姿を褒め、こちらも写メを添付して返信。  そして数回ほどのやり取りで無事に約束が成立。その日の18時に新宿アルタ前で待ち合わせすることになった。

———————–
ショーイチさん。こんな遅くにごめんなさい。

明日の日曜、もしお時間があるようでしたらまた会ってもらえませんか?

お昼くらいから夜までずっと空いているので、ショーイチさんの都合のいい時間があるといいのですが…。

もし難しいようならまた来週にでもお誘いさせてもらいますね。
———————–


 いきなりのお誘いだが、筆者は女性からのお誘いを断るという選択肢を持ち合わせていない。

 速攻で返信を行う。


———————–
ありがとう、エリちゃん。

こうやって誘ってもらえて本当に本当に嬉しいです!!

明日、もちろん大丈夫ですよ。

でも、できれば1秒でも早く会いたいので、昼過ぎに待ち合わせできたらと思います。

前回同様、新宿のアルタ前での待ち合わせで大丈夫ですか?
———————–


 こうして翌日のお昼1時に待ち合わせすることになった。

 待ち合わせ場所に現れたエリちゃん。マスクで顔のほとんどの部分が隠れていたが、二度目のデートなので彼女の可愛い顔はよぉく覚えている。

 愛嬌のある可愛い顔で、決して美人とは言えないが筆者のドストライクのタイプなのだから。

 そんなエリちゃんが突然謝ってきた。


「ショーイチさん、ごめんなさい」


 ま、まさか!? 急用でドタキャンとかするのか? 「え?」と言葉を詰まらせてしまった。


「いきなり誘っちゃってご迷惑じゃなかったですか?」


ほっ。


 会社員として働いている彼女なので、社会人の常識として謝罪してきたようだ。


「なに言ってるの? ただただ嬉しいだけだよ。こうやってまた連絡くれて本当にありがとう」

「そ、そんなお礼を言うのは私のほうです」


 顔の表情は分からなかったが照れているようだ。


「前回も言ったよね。俺はエリちゃんみたいな顔が大好きなんだよ。だから嬉しすぎて昨夜はよく眠れなかったくらいなんだから」

「は、恥ずかしいです」

men's Pick Up

人気コンテンツ関連トピック