『彼女×彼女×彼女~三姉妹とのドキドキ共同生活~』あらゆる好みを網羅する抜きすぎ注意エロアニメ

『彼女×彼女×彼女~三姉妹とのドキドキ共同生活~』あらゆる好みを網羅する抜きすぎ注意エロアニメの画像1
彼女×彼女×彼女 ~三姉妹とのドキドキ共同生活~ 完全版/ミルキーズピクチャーズ

 GWをいかがお過ごしだろうか。前回に引き続き、ステイホーム期間のオナニーに適したエロアニメを紹介しよう。ミルキーズピクチャーズの『彼女×彼女×彼女 ~三姉妹とのドキドキ共同生活~ 完全版』だ。

 『彼女×彼女×彼女 ~三姉妹とのドキドキ共同生活~』の原作はCROSSNETから2008年にリリースされた、いわゆる抜きゲーだ。ヒロイン5人の個別エンディングはあるものの、シナリオはほぼ1本道で、ゲーム性という意味では薄い。しかし、そのCGの美しさは2008年という年を考えても、現在でも通用するくらいに美しく、精子がすっからかんになるまで抜いたユーザーが続出した。

 そういった意味でははじめからエロアニメ化には非常にもってこいの作品である。以下が公式の紹介文である。

 親戚の織節家への居候を余儀なくされた春臣は、その日から平凡な毎日に終止符を打つ事になった。

 母性溢れるおっとり系の長女‘夏実’、明るくしっかり者で笑顔の似合う次女‘秋奈’、クールでドライな小悪魔娘の三女‘真冬’。

 甘い吐息で理性をくすぐる夏美と…? 大きな優しい瞳を潤ませて見つめる秋奈と…? そして、挑発的な笑みと仕草で心を惑わす真冬と…? 

 美人三姉妹との、魅惑で蠱惑な嬉し恥ずかしエッチライフがここに幕を開けたのである…!

『彼女×彼女×彼女~三姉妹とのドキドキ共同生活~』あらゆる好みを網羅する抜きすぎ注意エロアニメの画像2
『彼女×彼女×彼女 ~三姉妹とのドキドキ共同生活~』より

 簡単に言えば、主人公の春臣がこの3姉妹+ふたりによってエッチな騒動に巻き込まれるドタバタコメディーだ。

 まず特徴として、各キャラの性格が非常にはっきりしている。

 メインヒロインの秋奈は面倒見がよく、絵にかいたような学園のアイドルで、おっぱいが大きく、幼なじみで、主人公のためならエッチなことでも我慢して受け入れる。その妹は定番の金髪ツインテールで、クールなしゃべり方をする貧乳のゴスロリシャイガールだ。しかし実はエッチなことに興味津々のツンデレ娘である。姉はテンポが誰よりも遅くておっとりしているが、全てを包み込む包容力と爆乳の持ち主だ。

 もちろんそれぞれのキャラを活かしたエロ展開を見せてくれる。しかも、すぐにどのキャラクターとも挿入には至らない。まずは素股、足コキ……など徐々にステップアップしていくのだ。そうすることで観ているものの興奮を徐々に釣り上げていき、挿入に至ることでの達成感が味合わせてくれるというわけだ。

『彼女×彼女×彼女~三姉妹とのドキドキ共同生活~』あらゆる好みを網羅する抜きすぎ注意エロアニメの画像3
『彼女×彼女×彼女 ~三姉妹とのドキドキ共同生活~』より

 続いての特徴は、シナリオの改良だ。エロゲー原作はゲーム性が薄く、そこにダメ出しをするユーザーが当時は見られたが、エロアニメ版は物語性が盛り込まれている。エロアニメも「抜き」に特化してしまうと、シナリオは場面説明くらいとなるが、今作はそうではない。もちろん短い限られた尺の中での展開なのでご愛嬌の部分もあるのだが、それでも美人3姉妹丼を楽しむエッチライフを花を添えるものとしては十分に完成度の高いシナリオとなっている。

 またサブヒロインのふたりの姫野原鈴と蘭白檀翠からも目が離せない。姫野原鈴は無口だけど校庭の片隅で放尿し、校内でもバイブをアソコに挿している変態だし、黒髪ロングのザ・クラス委員長の蘭白檀翠は超真面目で気が強いけど、一度身体を許したらツンデレ+淫乱が組み合わさった神コンボキャラに変身する。彼女たちも要所要所でしっかりと物語に食い込み、物語を飽きさせず、しっかり脱いでまたがってしゃぶって、観ている者を萎えさせない。

 物語としてオチもきちんと存在する今作は、80分のアニメ映画として楽しむことも十二分に可能だ。もちろん作画崩壊なんてない。てあらゆる体液までもていねいに描ききっている。

 緊急事態宣言中もしっかりと健康なオナニーライフを楽しもう。
(文=穴リスト猫)

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック