『ピュアメール』オーバーフローの隠れた名作…ラストが衝撃すぎるエロアニメ

『ピュアメール』オーバーフローの隠れた名作…ラストが衝撃すぎるエロアニメの画像1
ピュアメール/グリーンバニー

 結婚式場で結婚相手とどこで知り合ったかアンケート取ったところ、「職場で出会った」が40%近く、「友人の紹介」が20%近く、その次が「学校」そして「合コン」という結果だったそうだ。注目したいのが、第五位にランクインしたのが「インターネット上」。パーセンテージにすると7%だ。インターネットで知り合った同士のトラブルがよくニュースになるものの、21世紀においてネットが出会いのツールのひとつと化したことは間違いない。

 今回はそんなインターネットをテーマにした純愛ゲーを紹介しよう。『School Days』で一躍有名になったオーバーフローから2000年にリリースされたエロゲー『PureMail -ピュアメール-』だ。

 『PureMail -ピュアメール-』は攻略難易度がかなり高く、フルコンプするにはかなりの労力が必要だった。ファミコンゲームが狂気レベルでクリア困難だったりするが、古いエロゲーも同様に高難易度の作品が多かった。その中でも本作は特に難しい部類であった。また、ルートによって凌辱ゲーにも純愛ゲーにもなるなど、メインヒロインが七変化していく様は当時としては斬新なものだった。

 かなり古い作品になるので、パッケージで購入するには中古市場を漁るしかないが、現在はダウンロード販売されている。興味のある方はぜひ挑戦してほしい。しかし、ゲームを攻略している時間がないユーザーにはエロアニメ版を観る手がある。グリーンバニーから全2話でリリースされているのだが、これもなかなかの名作である。

 以下があらすじだ。

 過去に体験した家庭内暴力(DV)がトラウマになり、自分の殻に閉じこもっている主人公、緒方圭。そんな彼は、インターネット上で偽りの自分“A.W”を演じながらチャットやメールする毎日を送っていた。

 そんな毎日を送るうちに、EVEという少女とネット上で知り合い、惹かれていく。一方、現実の世界ではクラスで出会った独特のテンポで屈託なく話す愛らしい少女・奈川碧が気になっていた。あるとき、ひょんなことからEVEが奈川碧と発覚する。しかし、主人公は彼女に自分がA.Wだということは告げずにいた。

 ネットの中の碧は主人公の発言ひとつひとつに感動し、尊敬してくれた。「AWさんはすごい人だ」と。しかし、ネット上の人格は別であり、現実の自分はどうしようもない人間なのだと、主人公は現実と虚構の乖離に苦しむ。

 ある日、主人公に中学生の頃から密かに想いを寄せていた澤永美紀と奈川碧で夏祭りに行くことになった。しかし当日になって碧は行くのをキャンセルしてしまう。主人公は複雑な思いをしながらも、美紀とふたりだけで出かける。花火を観るために人ごみのない場所に移動した際、ふとしたことからDVのPTSDが発症し、錯乱した主人公は美紀を押し倒し、その場で乱暴してしまう。

 乱暴されて失意の美紀、乱暴したことをひどく後悔する主人公、何も知らない碧。いびつな三角関係ができあがってしまう。そこに追い打ちをかけるように碧が転校してしまうことを主人公は知る。

 そんな中、妹の友人から一日だけ彼氏のふりをしてほしいという依頼を受ける。妹の友人もまた、主人公に密かに想いをよせていた。

 妹の友人と主人公が一緒にいるとき、運悪く碧に目撃されてしまう。ただただ気まずさだけが主人公を襲う。一体自分は何をしているのか、と。主人公は引っ越しまでに、碧に思いを告げることができるのか――。

 エロアニメ版の『ピュアメール』はストーリー重視作品だ。各巻でHシーンは2回ずつしかない。物語の演出上、必要最低限しか用意されていなかったからこそエロアニメ版のクオリティを上げたと言っていい。

 主人公は幼少期のDVでトラウマを抱えながら生きている。そのため現実世界では他人に上手く心を開くことができないのだが、インターネットでは心を開くことができた。インターネットの中であれば、女性とも積極的に会話をすることができ、人生の相談に乗ることまでできた。

『ピュアメール』オーバーフローの隠れた名作…ラストが衝撃すぎるエロアニメの画像2
『ピュアメール 第1話』より

 しかし、現実とインターネットの狭間で主人公はひどく苦しむ。インターネットの向こうの人間に偉そうな正論を語る一方で、「本当の自分はこんなんじゃない、クズなんだ」と現実世界の自分を卑下する。現実世界では、主人公の弱みを握る女生徒の性奴隷でしかないのに、こんなえらそうなことを言える人間ではないのだ、と。この女生徒は原作ではサブキャラであったが、アニメ版では諸悪の根源となっている。

 また、レイプという最も非人道的な罪を犯した自分(主人公)と、何も知らない純粋無垢な碧(ヒロイン)との対比も苦しめる。もはや自分は現実世界にもインターネットの世界にも居場所はないのではないか。精神的に追い込まれていく主人公が最終的にどうなるのか、衝撃のラストに言葉が出ない。

『ピュアメール』オーバーフローの隠れた名作…ラストが衝撃すぎるエロアニメの画像3
『ピュアメール 第2話』より

 少ないエロシーンについては、ひとつサプライズがある。エロゲー版でのトゥルールートではHシーンがなかったのだが、アニメ版ではメインヒロインとのシーンがしっかりと存在する。これは嬉しい誤算だ。ちなみに、原作ではかなりとっつきにくいキャラだった妹・藍がアニメ版ではおちついたキャラに変更されている。これもサプライズと言えなくもない。

 内容が全くピュアではないためタイトル詐欺な面はあるが、オーバーフローの隠れた名作はエロアニメ版でもすばらしい作品だ。ぜひともチェックしよう。
(文=穴リスト猫)

【視聴はこちらから!】
■『ピュアメール 第1話
■『ピュアメール 第2話
■『ピュアメール Complete Edition

men's Pick Up

エロカルチャー関連トピック