AV女優・吉岡ひより本人監修プロフィールインタビュー|FALENO移籍話&プライベートエロトーク

AV女優・吉岡ひより本人監修プロフィールインタビュー|FALENO移籍話&プライベートエロトークの画像1
吉岡ひより

 清純派女優としてデビューした吉岡ひよりちゃんが、この度、配信特化型次世代AVメーカーの『FALENO』に電撃移籍し話題をさらっている!

 これまでも作品ではエッチな姿を見せ、ユーザーを喜ばせたひよりちゃんだが、自ら「いままで出来なかった事をやりたくて来ました」と宣言し新メーカーでは貪欲に性を謳歌する。

 移籍第1作目では「とにかくチューがしたい!」と積極的にキスを求め、キスだけで全身びしょ濡れになりイキまくる。

 さらなるセックスの快感を知ったひよりちゃんに、ここ最近のプライベートでの過ごし方や、過去の面白エッチ話、さらには『FALENO』移籍1作目の見どころなどを聞いてきた!

【吉岡ひより Hiyori Yoshioka】
生年月日:1999年8月8日
身長:160センチ
スリーサイズ:B83・W57・H86
出身地:東京都
趣味:料理
特技:ゲーム
公式Twitter (@yoshiokahiyorin

AV女優・吉岡ひより本人監修プロフィールインタビュー|FALENO移籍話&プライベートエロトークの画像2

自己紹介とコロナ禍の過ごし方

「吉岡ひよりです。1999年8月8日生まれで、AVデビューは2019年10月19日です。趣味はゲームと料理です。最近はお菓子作りとゲームに夢中で、暇なときはクッキーやケーキを作ります。めんどくさがり屋なので、作るものは簡単なものばかりですよ。ケーキは混ぜて焼けばいい簡単なものですし、クッキーも焼けばいいだけです。シフォンケーキだと手間が多いから作らないんです。ゲームは『Apex』っていう戦って生き残るゲームをやっています。あとは『桃太郎電鉄』や『マリオ』や『モンスターハンター』をやっています。いまはコロナ禍なので、なにもないときは家にこもりきりです(笑)」

 

初体験について

「高校1年生で相手は彼氏でした。その彼の部屋に四十八手が描かれたボードがあって、その体位をひとつずつ経験していったんです。『今日はこの体位をしよう』って、彼がそのボードを見て提案するんです。そのことを友達に話したらゲラゲラ笑われました(笑)。

 彼は性に開き直っていたんです。高校1年生ですから性欲の塊みたいな感じだったので、なにをするにも『セックス! セックス!』でしたから会えばやっていました。

 そこで開発したテクニックはないです。彼氏が『やって』って言うことをただやっていました。本当に普通のことばかりです。四十八手は高校生にしては普通ではないですけど(笑)。でも、エッチの最後は結局、正常位でした」

 

変わったプライベートエッチ体験パート1

「小学校4年生のときに仲良くしていた6年生の先輩の女の子がエロ本を持っていたんですけど、『親にバレるとまずいから、代わりにエロ本を家に隠しておいて』って言われて渡されたんです。それで、私の家に隠していたんですけど、親が発見してエロ本は捨てられました。

 そのエロ本を渡した先輩が性に目覚めてしまっていて、『自分の乳首を舐めてほしい』って言ってきたので私は舐めたんです。そこから徐々に性の知識が私も身に付きました。乳首を舐めたときは、そういうコミュニケーションなんだって思いました」

 

変わったプライベートエッチ体験パート2

「高校3年生の彼氏がいたとき、その彼氏が免許を取って車を親に買ってもらったんです。そこでカーセックスをしたんですけど、狭すぎてできなかったんです。あとはプリクラの中で最後まではしなかったけど前戯まではしました。

 知らない人とだったら外でなんて絶対にしないですけど、当時の彼氏が好きだったので、彼氏に求められたらしていました。キレイに言うと、完全に『愛』で繋がっていたんです(笑)。気持ちいいから一緒にいるんではなくて、好きだから一緒にいたんです」

【今まで出来なかった事をやりたくて来ました。 吉岡ひより完全移籍 汗だく汁だくベロチュウ性交3本番】SPキャプチャー

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

AVで印象に残っているプレイ

「やられる方よりも、自分からやる方が楽しいですね。そのきっかけになったのがVR作品なんです。ドSではないんですけど自分が動いて責める側になったとき、すごくしっくりきたし、ファンの方からも評価が高かったので、それが印象に残っています。

 VRは緊張もしたし難しかったです。人間としゃべっているわけじゃなくて、カメラに向けて1人でしゃべっているから緊張しました。普通のドラマ作品だと相手がいるからセリフが成り立つけど、VRだと相手がセリフを言わないし、動きも全部、私にかかっているのでプレッシャーがすごかったです。結構、汗をかきました。VRは体を上手くカメラに見せないといけないので、無理な体勢をしがちだから、そこに集中しちゃうんです」

AV女優・吉岡ひより本人監修プロフィールインタビュー|FALENO移籍話&プライベートエロトークの画像3

吉岡ひより・最新作情報

『イキたくてもイキたくても何度も焦らす小悪魔おじさんキラーの気まぐれ射精管理 吉岡ひより』(FALENO)
AV女優・吉岡ひより本人監修プロフィールインタビュー|FALENO移籍話&プライベートエロトークの画像4

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

AVデビュー後、性欲の変化について

「最初は不安なことや、慣れていないことがあったからマイナスに思ってしまうことが多かったんですけど、活動していくうちに慣れてきて、自分との向き合い方もだんだん分かって、前向きに楽しく仕事ができるようになりました。

 そもそもエロいことに対して前向きではなかったし、最初は恥ずかしさやマイナスな気持ちが強く出ていました。人様に裸やエッチを見せることを否定はしないんですけど、自分がそれをすることには積極的ではなかったんです。でも、時間をかけて徐々に前向きになりました。

 デビュー後はエロさもアップしたと思います。デビュー時は台本通りに演じていたんですけど、だんだんと自分が思っている最大限のエロを表現していこうかなって思いながらやっています。

 性欲が増したかですか!? 性欲はもともとあります(キッパリ)! あはは(笑)。性欲はもとから通常営業です(笑)」

 

AVデビュー後、肉体の変化について

「プライベートでもデビューしたての頃も全身に力が入っていたんです。でも、力を入れない方が気持ちいいなと発見しました。あとはアソコが感じやすくなりました。以前は力むから気持ちよさがあまりなかったんですけど、力を抜いて受け入れるようにしたら気持ちよくなりました。

 潮も力むと吹けないんですけど、リラックスすると吹けるようになりました。なので、AVに出てからしばらくして自分の体のことが分かるようになりました。

 あと、見ているとエロいかなって思ったので、挿入されているときにクリトリスを自分で触るシーンを入れるようにしたら好評でした。カメラ映えもするし、自分も気持ちいいから一石二鳥です(笑)」

 

『FALENO』移籍について

「移籍して気分は変わりました。私の第2章の始まりです。移籍1作目は顔なじみのスタッフさんだし、スタジオも行ったことがあるようなところだったので、いつもと変わらないと言えば変わらなかったんですけど、もう1回デビュー作を撮った新鮮な感じで楽しく撮影できました」

 

『FALENO』移籍第1作目について

AV女優・吉岡ひより本人監修プロフィールインタビュー|FALENO移籍話&プライベートエロトークの画像5
『今まで出来なかった事をやりたくて来ました。 吉岡ひより完全移籍 汗だく汁だくベロチュウ性交3本番』

「移籍第1弾は4月10日に配信開始で、DVDは5月7日に発売開始です。タイトルが『今まで出来なかった事をやりたくて来ました。 吉岡ひより完全移籍 汗だく汁だくベロチュウ性交3本番』なんです。

 撮影期間が前のメーカーから空いていたので、私の性欲が溜まってエッチがしたい気持ちが高まっていたんです。だから、この撮影はすごく楽しみで挑みました! 私の性欲がすごかったので、いっぱいキスをしてヨダレまみれ、汗まみれになりながらエッチをしました。

 カラミは1対1が2回と3Pが1回です。最初のカラミは男優さんと会ってすぐにエッチしたんです。どのカラミもシチュエーションとかは特になくて、カメラが回ったらすぐにキスをして、早くエッチしたい私が貪りつきました。撮影現場に行くまで性欲は危なかったんですけど、人間なので理性でなんとかガマンしていました。久しぶりのセックスは恥ずかしかったけど、いつもよりも気持ちよかったです。

 3Pも『私に任せてください!』って感じでしました。1対1でも満たされたけど、まだ足りなかったんです。3Pはいろんな方向から責めてもらえるので、すごく感じました。

 今回は相手を気持ちよくさせるよりも、自分の性欲に忠実に従い、自分を気持ちよくさせるために動いたので、戸惑うことよりも自分に集中していました(笑)。基本的にキスが作品コンセプトなので、かなり“ベロチュー”しているんです。だから、ヨダレが好きな人やベロチューが好きな人はそこがヌキどころです」

 

『FALENO』でやってみたい作品は?

「いままではドラマではない、プレイ中心の作品が多かったんです。デビュー当時は緊張で委縮していたので清純だったんです。でも、何作か出演するうちに素が出てきて、責める方が楽しいって気が付いたんです。

 そこで小悪魔的な内容をやってみたいと『FALENO』に話したら、実現させてくれそうなので、今後は自分に合った内容ができたらいいなと思っています。でも、それだけだとダメなのでいろんな役をやりたいです。

 具体的には私が先生を逆レ〇プして『奥さんや学校にバレたくなかったら、保健室に来てチ〇チンを見せて』とか、男子を脅すような小悪魔的な役をやってみたいです。これまでは女子校生役が多かったので、大人の役もやってみたいです。

 あと、YouTube番組『聖ファレノ女学院』にも出ます! バラエティはやったことがないですけど、できると思います。基本、トークは苦手ではないので」

ファンへメッセージ

「移籍の機会をいただけたので、4月1日にプレゼント企画のツイートをしています。いままでのファンの方はもちろん、新しくファンになってくださる方へ感謝の気持ちを込めてプレゼントをします。

フォローとリツイートをしていただくような仕組みですが、詳しくは私のツイート(https://twitter.com/yoshiokahiyorin/status/1378973284193107969)を見てください! 私の自撮り写真や少しエッチな写真もツイートしますので、ぜひ、フォローしてくださいね!

 吉岡ひよりの第2章が始まります。新しいことにもいろいろ挑戦していきたいので、今後の活動に期待してください! いままで知らなかった人にも私を知ってもらえることが増えると思いますので、この機会に知ってもらえたら嬉しいです」

■写真・インタビュー=神楽坂文人(公式Twitterはコチラ

■インタビュー協力=FALENO(公式サイトはコチラ/公式Twitterはコチラ

AV女優・吉岡ひより本人監修プロフィールインタビュー|FALENO移籍話&プライベートエロトークの画像6

men's Pick Up

AV関連トピック