澁谷果歩、処女モノで考える理想の初体験|エロ漫画レビュー#03

澁谷果歩のTLコミックを独自分析! 『ウーコミ!』レビュー第三弾

澁谷果歩、処女モノで考える理想の初体験|エロ漫画レビュー#03の画像1
澁谷果歩

 今回の作品は、今の季節にばっちりです。その名も…『大学デビューの千花と要先輩の恋愛事情 入学初日に処女を奪われセフレに!?』!

 高校までは、学校が違えど地元コミュニティが共有されていて情報が筒抜けだったり、中高一貫やエスカレーター式などもあって、完全にイメチェンするのはかなり勇気が要りますよね。18歳、という年齢も併せて処女喪失に踏み切るには大学デビューが一番向いているのでは。かくいう私も、大学入学時には何の経験もないヴァージンでした。

 主人公の千花は「小中高とジミーな私だったけど…」と振り返り、「大学では友だちいっぱい作って」「素敵な彼氏も作って…」と次々とキャンパスライフを描きつつ、「…とりあえず! 処女を捨てたい!」と力強く拳を握ります。ヤル気、満々。

澁谷果歩、処女モノで考える理想の初体験|エロ漫画レビュー#03の画像2
『大学デビューの千花と要先輩の恋愛事情 入学初日に処女を奪われセフレに!?』

 実は最近のTLって、処女ものが増えているんですよ。読者はどちらかというとアラサー女子が多いだろうに意外だなと最初は思っていたのですが、「こんな初めてだったら良いなぁ」という願望が色濃く出ています。

 一般的に男性向けの青年漫画や少年漫画では、初キスや初体験って意外と本命女子とじゃないことが多いですよね。恋愛感情は置いといて色っぽいお姉さんに誘われて喪失するのは、確かに男心のリアルさが現れていてエッチ。

 ところが女性向けは、エロが多いTLコミックだろうとそうはいきません。初セックスの相手は絶対に好きな人、もしくはいずれ好きになる人。ハッピーエンディングを迎える殿方じゃなきゃいけない。そこだけは譲れないのが我ら女心なんです。

 この漫画では、冒頭に千花が「要せんぱ…ああん」とお相手の名を吐息を交えながら呼んで処女卒業を迎えるシーンから始まるのですが、そこで「要先輩ってこんな人だったんだ。私、誤解してた…」と彼の意外な一面に気付き、「私のハジメテ、先輩で良かったです」と微笑みます。

 この辺りでもう、「恐らく嫌な奴と思ってたけど、ベッドの仲ではすごく大切にしてくれたのかな〜」なんて妄想と期待が膨らんでしまう。ツンデレ男子のギャップ萌え系だろうなと、1ページ目からメイン男性のタイプを分かりやすく教えてくれるのも有り難いです。

澁谷果歩、処女モノで考える理想の初体験|エロ漫画レビュー#03の画像3
『大学デビューの千花と要先輩の恋愛事情 入学初日に処女を奪われセフレに!?』

 用途のハッキリしてるエロ系コミックはAVと同じくタイトルが長い傾向にありますが、やはり「先輩」という情報だけでは属性まで不明ですからね。前回の作品のようにデレデレな溺愛系なのか、お互い素直じゃない異性ですれ違いやすい関係かでいうと、今回は俄然後者。イントロの事後に回想シーンとして大学入学とサークル勧誘が始まるのだけど、そこで千花と要先輩は出会います。千花が人波に揉まれたところを要先輩が抱っこして助けてくれるものの、「小さいことを自覚して生きろ」と冷たく突き放されちゃう。

 そこで千花は優しくフォローしてくれた別の先輩のサークルに入ろうとしたらこれが有名やヤリサーで、襲われるピンチをまたしても要先輩に助けてもらったりと、第一印象はイマイチながらどんどん要先輩の優しい部分に惹かれていきます。一目惚れとか成り行きじゃなく、ちゃんと恋する理由が描かれているのに好感が持てます。

 千花はヤリサーと知らず新歓飲みに参加してしまった恥ずかしさとお酒の勢いで、「助けてなんて言ってません! 私が一生処女だったら先輩のせいです!」と反抗してしまい、「お前、処女を捨てられんなら誰でもいいのかよ!」と怒鳴られると、少し躊躇ったのちに「いい…優しくしてくれるなら」と決心したような様子を見せます。

 この流れで「…なら俺で捨てるか?」という要先輩の台詞に繋がるのですが、そう彼に言われる直前に千花が顔を上げてまっすぐ先輩を見つめていて、意識的に誘っているんです。「誰でもいい」と言いつつ、目の前のこの人がいいというのが明らか。要先輩は決定的なオファーを出しているけど、実は千花の誘惑に負けてしまっただけ。こういう態度と本音のバランスを繊細に描けるのは、やはり絵も文もある漫画ならではかなって思います。

澁谷果歩、処女モノで考える理想の初体験|エロ漫画レビュー#03の画像4
『大学デビューの千花と要先輩の恋愛事情 入学初日に処女を奪われセフレに!?』

 2人はどちらも意地っ張りだから今後すれ違いが凄いんだろうなと思うものの、エッチの最中はお互いへの愛おしさが全然隠せてなくって、これからがとても楽しみです。

 彼らをよく眺めていると、要先輩は最初にキスをする時に緊張している千花の表情を熱く見つめていて、その後もずっと彼女から視線を離さない。押し倒して目が合った時の彼の高まりには、こちらもドキドキしてしまいます。初めての千花が怖がったり痛がったりしていないか確認している優しさか、もうすっかり彼女に魅了されているかのよう。本当に最初から最後までずっと千花を見ているので、ぜひ確認してもらいたいです。

 初対面なのにこれだけ彼の気持ちが盛り上がれるって、実は子供時代に会ったことがあるんじゃない? 要の方が年上だから覚えてるとか? とか、ストーリーにも自然と引き込まれてしまいます。先輩後輩にも関わらず憎まれ口を叩き合えるのも安心しきってる証拠だし、このカップルはすっかり私のお気に入り。弱音も文句も言える間柄の人と初体験は理想ですね。あぁ、自分もセカンドヴァージンはそんな人に出逢えますように!

澁谷果歩、処女モノで考える理想の初体験|エロ漫画レビュー#03の画像5

(文=澁谷果歩)

澁谷果歩の『ウーコミ!』レビュー  もうすっかり花粉症と確定申告の季節ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?  私は仕事が有難いことに忙しい分、プライベートは睡眠最優先。バレンタインデーも朝に趣味のゲーム配信して「材料

澁谷果歩、TLレビュー連載始動  こんにちは、元AV女優ながらエロコンテンツは漫画以外興味がない澁谷果歩です。そんな自分にとって大変ありがたいことに、本年からエッチなコミックをレビューするという新連載を始めさせていただく

オンナの共感コミックサイト『ウーコミ!』

エロカルチャー関連トピック