プレステージ、FANZAから撤退! 令和のAV界は群雄割拠の混沌時代へ

プレステージがFANZAから完全撤退

 AV業界に激震が走っている。FANZAからプレステージの作品がなくなるのだ。

 FANZAといえば、国内最大級のアダルトポータルサイト。一方、プレステージといえば絶対的美少女メーカーとして超人気の単体メーカーだ。

 当サイトの読者であれば、FANZAからプレステージがなくなる…と聞いただけでコトの重大さが理解できるはず。まずは25日に発表されたFANZAのサポート情報を読んでほしい。

ーーーーーー

【重要】一部商品取り扱い、月額チャンネル終了のお知らせ

平素よりFANZAをご利用いただきありがとうございます。
下記日時をもちまして一部商品の販売、月額チャンネルを終了させていただきます。
購入済動画は、販売終了後も引き続きご視聴いただけます。

販売終了日:2021年3月31日(水)昼12時

■FANZA動画

・ビデオフロア:プレステージ、ラストラス、MAD、GALLOP、KANBi、DOC、MBM

・素人フロア:しろうとまんまん、れいわしろうと、BUZZDOCUMENT、素人こねくしょん、しろーとLOVETube、MOON FORCE、ドキュメント de ハメハメ

販売終了時に、購入済ページで「視聴期限:無期限」の商品に一時的に視聴期限が表示される場合がございます。数時間で「無期限」表示に戻ります。

■FANZA月額動画

・プレステージch
有効期限をもって自動解約されます。

・見放題chプレミアム
FANZA動画での販売終了にあわせて、対象作品が配信終了されます。
対象作品のダウンロード済ファイルはご利用いただけなくなります。

大変ご迷惑をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます。

ーーーーーー

 以上がFANZAの公式発表。プレステージのほか、ラストラス、MAD、しろうとまんまん、れいわしろうと…といったメーカーがFANZAで取り扱い終了となる。プレステージ以外もプレステージ系列と言われるメーカーで、プレステージ完全撤退といえる状況だ。

 しかし、プレステージは鈴村あいりや涼森れむ、野々浦暖や松岡すずといった超一線級の女優をそろえる日本屈指の美女メーカー。その人気は抜群で、「プレステージしか勝たん」というユーザーも多い。FANZAにとっても、プレステージが抜けるのは痛手と思われるが…。

「実はFANZAからプレステージ作品がなくなるのではないか、という話は昨年あたりからチラホラと聞いていました。原因はさまざま言われており、その中でも有力なのが、FANZAからメーカーに支払われる料率の変更があったのでは?という話。これについて今のところ確証はありませんが、プレステージが抜けることで業界内の大再編が加速するように思います」(AV関係者)

 エスワンやアイデアポケット、kawaii*などの超人気メーカーも複数抱えるFANZAは業界内ですさまじい影響力を持つ。ときに独占状態が問題になるほどで、FANZAに作品を置けないとなれば、それはメーカーにとって死活問題になり得る。

 とはいえ、プレステージグループにはMGS動画というアダルト動画配信サイトがある。このMGSの人気も高く、これがあるためにプレステージはFANZAから抜けても問題ないと判断したのかもしれない。

「FANZAの『2020年年間AV女優ランキング ベスト100』を見るとプレステージの女優がほとんど入っていません。熱心なAVファンから長年にわたって支持される鈴村あいりさんなどトップ10に入ってもおかしくないのですがね。これは、『鈴村あいりの作品はプレステージグループのMGSで』という暗黙の了解がファンの間で浸透しているからではないでしょうか。昨今のユーザーは配信サービスからメーカーへ、メーカーから事務所へ、事務所から本人へ、というお金の流れはよく理解しているので、少しでも本人に還元できるようにと気を配っているのだと思います」(前出)

 確かにFANZAの年間ランキングを見ると、上位にはWILL系(※)と呼ばれるメーカーの専属女優が並ぶ。鈴村や涼森といった超人気女優の名前がない(売れていない)のは、どう考えても不思議だ。そもそも作品が売れずに専属女優で居続けることは難しく、鈴村らが売れていないわけはないのだ。とすれば、やはりプレステージ女優の作品はMGSで購入されているのだろう。

※WILLとは、FANZAの母体であるDMMグループの創業者である氏が立ち上げたAVメーカー・北都を前身とする映像制作会社。現在、ムーディーズ、エスワン、MUTEKI、マドンナなどの超人気メーカーを束ね、これらの傘下メーカーが「WILL系」と呼ばれる。

AV界の三強「FANZA」「プレステージ」「SOD」

 現在のAV業界はFANZA(WILL)一強とも言われるが、そこに比肩するメーカーとなれば、プレステージとSODの名前が挙がる。では、SODもFANZAから撤退する可能性があるのだろうか。

「SODも独自のプラットフォームをもっており、関連メーカーの作品を中心に配信サービスを提供しています。しかし、その動画配信サービス『SODプライム』のユーザー数はFANZAやMGSと比べるとちょっと寂しい。SODの作品はFANZAでもよく売れているようなので、SODがFANZAから抜けるというのは、よほどのことがない限り考えにくそうです」(前出)

 ちなみにMGSでもSODの作品は配信されている。SOD的にはさまざまなプラットフォームを活用することが大きなメリットと考えているのかもしれない。

 ではFANZAのメリットは…?

「先ほど触れたように、そもそもFANZAではプレステージの作品があまり見られていないようです。であれば、プレステージの作品を下ろしてもFANZAにとっては痛手ということはなさそう。FANZAにはエスワンをはじめとする超人気の単体メーカーがいくつもありますから、そこを際立たせるためにプレステージとの連携を解消したかったのかも。いずれにしても、いまのところWILL系の作品はFANZAでしか見られない状況ですので、エスワン好きならFANZA、プレステージ好きならMGSという住みわけがより明確になると思います」

 これまで、大概のメーカーが入っているFANZAを利用していれば事足りたという人も多かっただろうが、今後はそうもいかなくなりそうだ。

※イメージ画像:プレステージ公式Twitter(@PRESTIGE_PR2020)より

AV業界再編の流れ

 プレステージがFANZAから撤退することで業界再編の流れが加速するという。

「これまでFANZA一強と言われていたアダルト系のVODですが、これに変化が起こる可能性はあると思います。アダルト系の動画サービスというと、ゲオTVやXCITY、Averなどがあり、それぞれが独自のサービスを展開していますが、FANZAのように特定のAVメーカーを抱えているとなると、そう多くはありません。大きなところでは、MGSがプレステージ、SODプライムがSOD、そしてH-NEXTがFALENOといった感じでしょうか。

 この中で存在感を示しているのが、H-NEXTです。大手動画配信サービスのU-NEXTが母体であるH-NEXTにはFALENOという新興メーカーがあり、このFALENOには天使もえ、吉高寧々、橋本ありなといった超人気女優がいますからね。天使もえらはもともとWILL系の専属女優で、FALENOに移籍したときにはとんでもない衝撃が業界内を駆け巡りました」(前出)

 昨年からH-NEXTの会員はぐんぐん伸びているという。それに比例するようにFALENOの勢いも増している。プレステージはFANZAから抜けるが、H-NEXTにはプレステージの作品がある。同じく、MGSにもFALENOの作品はあり、その様相はさながら対FANZA包囲網といった感じすらする。

 いずれにしても、配信サービスの多様化は進んでおり、大手だからといって簡単にユーザーを取り込むことは難しい。令和のAV界は群雄割拠の混沌時代となりそうだ。

men's Pick Up

AV関連トピック